「オリジナル」、ノルベロで、過去と漫画の歴史に飛び込む: 日本の漫画の元のページとセル | ニュース

コミック展「Originalia」が2月までノルベッロで開催され、貴重なオリジナルコミックシリーズと、重要なアニメーション映画のために作られた多くのセル画が展示されます。


の:
ジャマリア・ラベナ

BD展も年明けにノルベロをアニメ化。 木曜日を除く毎日、そして2月までミュージアム&コミックスパークでは、貴重なオリジナルコミックスシリーズや重要なアニメーション映画のために作られた様々なセル(アセテートセル)を展示する「オリジナル」を訪れることができます. 作品は、ラファエレ ピラス コレクションと国際コミック ストリップ センターのコレクションに属しています。 年間のプログラミングとイベント(展示会、会議、ワークショップ、作家との会合)の芸術的方向性は国際漫画センターに委ねられ、スペースの管理はプロロコ・ノルベッロが担当します。

このプロジェクトは、コミックとインタラクティブなデザインの博物館である「MIDI」のイベントの芸術的方向性に関して、Association Hybris – Center International de la BD のディレクター兼法定代理人である Bepi Vigna との合意のおかげで生まれ、発展しました。 . この契約は、画像を通じてストーリーテリングを促進し、文化観光を促進し、地元の作家の作品を促進することを目的としています。 展覧会のキュレーターの中には、情熱的なコミック コレクターであるラファエレ ピラスがいて、サルデーニャ ライブでの経験を語っています。

「私はサルデーニャの漫画やイラストの素晴らしい収集家です – 彼は言います. 私のコレクションでは、1908 年以来、20 世紀と新世紀のすべての偉大な出来事を経て、イタリアのコミックの歴史を再構築しました。 1905 年にビアージが『アヴァンティ デッラ ドメニカ』でデレッダの似顔絵を描いた瞬間から、サルデーニャのイラストレーターにも同じことが言えます。

多くの中で、Raffaele Piras は Superman、Masked Man、The Smurfs、Tex などの初期リリースを誇っています。 トラウマから生まれた情熱は、数年後にようやく実現しました。私は彼らを救おうとしましたが、母は彼らを暖炉に投げ入れました. 45 歳の頃、私は再び情熱を燃やしたいと思いました: それで私は「コミック」を集めることに決めました, それは「Le grand Blek」コミックシリーズでした.初めて彼に会ったのは私が8歳の時で、ストリップがヒーローの死で終わるという事実は私を動揺させました. それは私の死との最初の出会いでした.

次に、地域の歴史を再構築するためのプロジェクト:「ルッカでアルフレド・ニセフォロの「北のイタリア人と南のイタリア人」というタイトルの本を見つけました。この本では、地域の社会政治的および文化的状況が調査されました。サルデーニャには文化がなかったという事実に言及しました。 「でもどうやって?」と自問自答したので、Biasiが描いたカバーをすべて集め始めました。 それからサルデーニャ人がカンピダネーゼで描いた『ピノキオ』をすべて回収しました。」

展覧会は本質的に何を提示しますか? 「これらはオリジナルのプレートであり、コレクターは説明しますが、作者がさまざまなサイズの厚紙に描いた絵が漫画のページになるユニークな作品です。 その後、日本の漫画のセル画が展示されます。これらは手描きのセルロース アセテート版です。 それらは段ボールの断片であり、ユニークなピースでもあります。 たとえば、私は有名なラムのフレームを所有しています。 ピラス氏によると、最も貴重なセル画の中に手塚治虫のセル画があります。 ここでの展覧会には、たとえば、「私の孫悟空」(後に有名なドラゴンボール悟空の物語に影響を与えた、編集者注)、「メトロポリス」、「ブラック・ジャック」、「三平」などがあります。

Iwata Hideaki

「起業家。プロのベーコン愛好家。よく転ぶ。極端に内向的。分析家。思想家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です