「ファンのための大会ではない」

カタールワールドカップ これは「ファンのための」トーナメントではありません、とコーチは言います ドイツハンシフィルム「サッカーはみんなのものであるべきだ」ということ。

2010年にカタールに授与されて以来、トーナメントの最後のエディションは多くの論争を引き起こしました.

女性と LGBTQ+ コミュニティに対する国の姿勢は、早い段階で問題として広く報道されましたが、最終決定が近づくにつれ、何千人もの出稼ぎ労働者の死亡が報告されました。

限られた宿泊施設のオプションを考えると、 カタール そしてヨーロッパのクラブシーズンの半ばに移行すると、この大会はファンと選手の両方に道徳的な議論を超えた問題をもたらしました.

ブラウズ 彼女を批判する人たちに彼の声を加えたとき、彼はファンを念頭に置いていました 2022 年ワールドカップ。

「基本的に、この大会がファンにとってのワールドカップではないことは残念だと思う。 フランクフルター・ルンドシャウ。

「カタールに行きたいと思っているが、さまざまな理由で行かないことを選んだ友人がいる.

しかし ブラウズ 彼は、抗議の直接的な政治的声明を出すことは「関係するすべての当事者にとっての挑戦」であることを認め、次のように付け加えた。

「我々は9月に再会し、他国と何ができるか、または何をしたいかを評価する」

ブラウズ を導きます ドイツ 引き継ぎ後、メジャー大会初出場 ヨアヒム ロー dユーロ2020の大失敗の後。

ドイツ 直面するだろう グループ内の日本、スペイン、コスタリカ そして、11月23日の青侍との初戦。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。