「ブルージャイアント」。 石塚がデザインしたジャズがイタリア版に登場

「ジャズとコミックは、アメリカ独特の 2 つの芸術形式だと思います。」 著名なアメリカの漫画家であるレン・ウェイン(2017年に亡くなったが、彼はウルヴァリンを含む有名な漫画本のキャラクターを作成した)の言葉ですが、今日では同意できません. 私たちはそれを望んでいませんが、J-Pop マンガの新しいリリースは、ジャズが (また) 別のものであることを証明するためにあります. 「感情の音楽です。 最高のミュージシャンの音と旋律には、感情、幸福、悲しみが重なります。」

この音楽では、すべての振動が注意深く守られています。 それが若き主人公の 青い巨人予想される第 1 巻 (カラーおよび白黒で 420 ページ、15 ユーロ) – 合計 5 冊のうち – によって書かれ、描かれたジャズに捧げられた作品。 石塚真一.

ライジングサンのジャンル別最重要賞の一つである第62回小学館漫画賞、第20回文化庁メディア芸術祭(199​​7年より文化庁主催の年次審査)を受賞。 青い巨人 2022 年末までに、アニメーションの長編映画の形でも日の目を見るでしょう。 あらゆる形態において、複雑で魅惑的な作品です。 ストーリーは、世界一のジャズプレーヤーになるという野心的な夢を持っている高校3年生の宮本大の話です。 そしてこれを行うために、彼は自分の目標から彼を隔てるあらゆる障害を克服する準備ができています.

もちろん、私たちは「過激主義」について話しているわけではありません。それは映画の主人公である同じくらい若いアンドリュー・ニーマンに起こります。 鞭打ち (2014) デイミアン チャゼルが脚本と監督を務め、マイルズ テラーと JK シモンズと共に、同世代で最高のジャズ ドラマーの 1 人になることを目指しています。 ここでダイは「純粋」であり、彼の情熱は途方もなく絶え間なく絶え間なくありますが、 鞭打ち (あなたが落ちるまで試すように頼む非人道的な教師もいます)。 の場合 青い巨人 音楽を本能的に(健全な意味で)愛する仙台の高校生の話です。

彼の心は – 感動以上に – ジャズに触れたので、彼は毎日演奏しています (首都は必見です)。 彼は次のように認めています。 少年は切っても切れないサックスで練習し、精力的にそれを行い、何も惜しみません。 母親に孤児となり、父親、兄と妹と一緒に残された若者は、終わりのない (そして退屈な) 学校の授業とバスケットボールの試合の間で引き裂かれ、チームが「正しいリズムを持っていない」ことに気づきます。 ‘, 彼のスキルは単に競技場ではなく、サックスを揺することに関するものであることが理解されています.

仲間から完全に切り離されたキャラクターであり、文字どおり額に汗をかいて培われた情熱に強いダイには、理論的根拠がなく、ジャズの楽譜を読むことができません。 それでも諦めず、広瀬川のほとりで一人テナーサックスを吹く。 無駄を省き、盆栽のように細部にまで気を配る姿勢を意識。 しかし、これは本当にその方法ですか?

ジャズは、1971年生まれの石塚真一による漫画版で語られました。本州の中心部にある茨城県生まれの漫画家によるこのオペラは、約10年前に日本でデビューし、3年後に終了しました。第十巻で。 今 青い巨人 のおかげでイタリアに到着(Fabiano Bertelloによる翻訳) J ポップ、Edizioni Bd グループの漫画レーベルとして 2006 年に誕生し、繰り返しますが、全 5 巻 (豪華版) で発行されます。 それは情熱と才能から来るので、それは魂を愛撫するメロディーです。

情報: https://j-pop.it/it/

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。