「ロシアに対する制裁を維持する」




2022 年 10 月 1 日土曜日、イタリアのミラノにあるスフォルツェスコ城で行われたイタリアの農民協会のイベントで、イタリアの兄弟のリーダーであるジョルジア メローニがスピーチを行います。 (写真 AP / ルカ ブルーノ)


日本の吉田文夫首相は、イタリアのジョルジア・メローニ首相と電話で会談した。 これは、日本の外務省が独自に発表したメモで報告されました。 対談の中で岸田氏は、メローニ氏がイタリア共和国閣僚評議会議長に就任したことに祝意を表し、「G7の重要なパートナーとして、イタリアとさらに協力するために彼女と協力したい」と述べた。 日本政府のメモであるメローニ氏は、「二国間および国際協力の両方で日本と緊密に協力することを切望している」と述べた. 岸田首相はその後、メローニ氏が「イタリアは引き続きウクライナを全面的に支持することを明らかにした」ことを「歓迎」し、両首脳は「国際社会の結束を維持し、ロシアに対する制裁を維持・強化する必要性を確認した」と述べた。そしてウクライナへの支援」。

岸田氏は、「核兵器を使用するというロシアの脅しは絶対に受け入れられず、その使用を許すべきではない」と述べ、「国際社会が明確なメッセージを送ることが重要である」と述べた。 彼はさらに、「ロシアの偽の『汚い爆弾』告発も容認できない」と述べた。 両首脳は「この方向で引き続き協力していくことを確認した」。 また、拉致問題を含む北朝鮮情勢や中国情勢についても意見交換を行いました。 最後に、岸田氏は「インド太平洋地域の平和と安定に貢献するというイタリアの政策を称賛した」と述べた。 両首脳は「来年日本、翌年イタリアで開催されるG7を含め、様々な場で引き続き緊密に連携していくことを確認した」。

プレス



Iwata Hideaki

「起業家。プロのベーコン愛好家。よく転ぶ。極端に内向的。分析家。思想家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です