「ヴァストでのクラムの年次総会」

広大。 「Vasto は、来年 9 月 7 ~ 9 日に世界でアブルッツォ州 CRAM 地域評議会の年次総会を主催します。」 これは、彼女の街でのイベントの実現を強く支持したアブルッツォ・サブリナ・ボッキーノ連盟の地域評議員およびスポークスパーソンによって発表されました。

Palazzo d’Avalos は、水曜日 7 の午後に Vasto 自治体とアブルッツォ地方の代表者によって迎えられるゲストの歓迎から始まり、イベント全体の素晴らしい環境となります。

「ヴァストが、世界の多くの国からの代表団がこの都市に到着するような大規模なイベントを開催できる可能性をすぐに信じました – サブリナ・ボッキーノ評議員はコメントします – 私はオーストラリア、アルゼンチン、米国からの代表団を考えています.米国、スイス、南アフリカ、ボリビア、日本、ドバイ、ブラジル、カナダなど。このような重要なイベントがどのように瞬間を構成できるかを示し、Vasto が歓迎の美しさを最大限に発揮する機会となるでしょう。アブルッツォ連盟と地方政府が「さまざまな形で継続的な注意を払っている。私と一緒にこのイニシアチブをサポートしてくれた彼らに感謝します」.

Vasto での CRAM デイズのプログラムの概要は次のとおりです。

9 月 7 日水曜日の午後 5 時 30 分に、国歌の演奏を伴う開会式が行われ、マルコ マルシリオ地域の大統領の制度上の挨拶と、CRAM を構成する地域評議員の短い介入が行われます。 詳細な午後のプログラムには、青少年部門でルカ・アタナシオ賞を受賞したルーツ・ツーリズム「El Vestido de Dora」に関するドキュメントフィルムの上映が含まれます。 ディーン・マーチン賞は、プロとしての功績で際立ったアブルッツェ出身の 5 人の人物に授与されます。 俳優監督のステファノ・アンゲルッチとソプラノ歌手のイレニア・ルッチによる演劇と音楽の介入が行われ、フィナーレはサルタレロ・ポピュラー・オーケストラに委ねられます。

木曜日 8 に、CRAM は、ジョヴァンニ マリア デ ヴィータ大使カウンセラーによる「ルーツ ツーリズム」というテーマに焦点を当てたミーティングを行います。 次に、4 つのプロジェクト (村でのアブルッツォの結婚式、ドメニコ ファンジオ プロジェクト、オーケストラ デッレ ラディチ プロジェクト、アブルッツォのイタリア語と文化) の図と、2021 年に移民局が実施した活動の報告。 CRAM によって資金提供されたプロジェクトを、2020-21 年の地域貢献とともに提示します。

最終日は、世界のアブルッツォ地域とアブルッツォ コミュニティとの関係に関する拠出金の基準と支払い方法に関する懲戒審査に専念し、観光局から調査の発表まで、さまざまなトピックに焦点を当てます。海外のアブルッツォ協会の活動について、連帯プロジェクトから寄付の要請まで、最も脆弱なアブルッツォへの社会的支援から、アブルッツォ地域や他の州にあるものを含む、あらゆる種類の公的または民間団体間の提携と協定まで。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です