「日本の助けが必要だ」

ローマ我々ホンダライダーは日本からの助けを必要としているどうして すべてのパイロットが苦しんでいます。今年レースをするまでは、腕の問題だけでなく、バ​​イクとうまくやっていけなかったので、私も困難を抱えていました.“。 マーク・マルケスのマイクでのインタビューで 「ダズン」、 彼は本田を悩ませている問題を暴露した モトGP 今の季節に。 数年ぶりに 4 回目の運用を終えたばかりの 93 番の不在だけでなく、結果が届かず、他のチームに比べて遅れを訴えるパイロットが何人かいます。

帰還に向けて

その後、マルケスは回復とトラックへの復帰の可能性について次のように語った。 「手術から12週間後の8月末に、CTスキャンを行い、骨の回復の進展を確認し、兆候を示します-彼は言います-しかし、何らかの理由で、私が回復を 2 週間延長しなければなりません. , 私はしなければなりません. 私はこれまでに行われたすべての仕事を捨てることはできません. 医師の同意が得られ、体力が十分に回復したら、最初に行うことの 1 つはバイクに乗ることです。 それは特定の筋肉が最もよく機能する場所であり、できるだけ早く 100% に到達できるからです。」

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。