「森のお風呂」。 ミラドロ城公園でシンリン・ヨクと出会う

9月3日土曜日と4日日曜日

サン セコンド ディ ピネローロ (トリノ)

「本よりも森の中に多くのものを見つけるでしょう。 木や石は師匠からは学べないことを教えてくれるだろう」: この貴重な格言とともに、以来約千年前に私たちを残しました クレールヴォーのセント・バーナード (フランスの修道院長であり、シトー修道会の神学者であり、有名なクレアヴォー修道院の創設者)、ピネロレーゼ 「コッソ財団」 2日間に招待し、 土曜日 39月4日日曜日専用の 「しんりんヨク」. 恐れずに! の 「しんりんヨク」 (イタリア語で「森の浴」、英語では「森林浴」)は、80年代に日本で広く普及した日本医学の特定の方法(「アロマセラピー」に相当)であり、冒険の中で木に完全に浸ることで構成されています。すべての感覚で実現する自然との深い交わり。 本物のセラピー。 実際、2010年に行われた一連の研究では、人が自然環境(森林、公園、その他の樹木が密集した場所)で数時間過ごすと、「免疫機能このため、個人が森に入って深呼吸すると、濃度が低下するなど、多くの利点を体験できます。 コルチゾールの減少 ハートビート そしての 動脈圧の減少 ストレス そして世話をする 恐慌. これらの利益に対する功績は、いわゆる「フィトンチッド” どこ “モノテルペン木からの木材は、腐敗や昆虫から保護するために空気中に特殊な物質を放出することに加えて、人間にも利益をもたらすようです. 百聞は一見に如かず。 「コッソ財団」主催のイベントにて、アカデミーと連携 「THREE – 個人開発におけるコーチングとコンサルティング」それはかなり可能です “実験 – 主催者は言う – 自然の治癒力を学び、不安なライフスタイルと「テクノ ストレス」の形態の結果から自分自身を解放することによって再生することを学びます。これは現在、テクノロジーとの過度かつ長期的な接触によって引き起こされる実際の病状です。」. 2日間は刺激的な雰囲気の中で行われます 18世紀の公園「ミラドーロ城」 (サン セコンド ディ ピネローロのカルドナータ 2 経由) 樹齢数百年の木々の間 「自由な自然と人の介入が深く調和して踊る場所」 と参加者が同行します ヴァレンティーナ・エリカ・バッシ心理学者兼トレーナー、FTHub認定の森林浴ガイド、森林セラピーガイド。

スケジュール : 9月3日(土)10/219 月 4 日(日)午前 9 時 30 分 / 午後 3 時

パッケージの費用(自然に浸るガイド付き、2 軽い昼食 公園で ピクニック 夜): お一人様 195ユーロ

予約必須: info@trecounseling.it または tel. 351/6332428 (月曜日と水曜日は午後 6 時から午後 8 時まで、金曜日は午後 4 時から午後 6 時まで)

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です