「私の事故ですか?マルケスは関係ありませんでした」

ローマ – 日本グランプリは、MotoGp チームのホンダとヤマハ、そしてホンダ LRC ライダーの中上貴晶の本拠地です。. しかし、日本人は、アラゴンの前のレース中に、彼と接触した後、右手の裂傷を修復しました マーク・マルケス. 多くの人が、8度の世界チャンピオンが中上を故意に倒したと非難していますが、マイクを保証するのは30代の彼自身です。スカイスポーツ「同僚の無邪気さ:」ターン7でマルクを追い抜こうとしていたとき 自転車の後ろが滑った そして、私はわずかにラインを失いました。 私は出口で回復しようとしました。彼は私の前にいました。 腕を広げたが、接触は避けられなかった。 マルケスに過ちはない、運が悪いだけ“。

GPはまだ不明

医師は中上に問題がないと診断したが、日本人ドライバーの手にはまだはっきりと見える包帯が残っている. もてぎトラックは、 急ブレーキ 右側の暴力的な、 マルケス自身に問題を引き起こす可能性があります. そんな中、中上も天気に期待。もっと悪い状況だった可能性もあり、他のすべてのライダーはなんとか私を避けることができましたが、週末についてはわかりません。 金曜日の朝の最初のシフトの後、続行することにします。 ここ数日、雨が多く、 雨が私を助けてくれる. 私のコンディションでは、ウェットでのブレーキングの際の負担を軽減する必要があります」、確かに千葉のパイロットを締めくくりました。


Kawasaki Michinori

「ベーコンマニア志望。受賞歴のある学生。インターネット開業医。アルコール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。