『薔薇の名前』が中世の日本で撮られていたら『八百万の神々』


八百万の神
DBギルによって
と。 ピエメ
€19.90


冒険的な旅、暴力的な死、秘密が多すぎるイエズス会、神秘的な言語、あいまいな修道士 (今回は仏教徒)、スパイ、曲がった商人、剣のゲームと権力のゲーム、遠く離れたとらえどころのない文明の時代を超越した謎を背景に: それはあなたに思い出させる有名な歴史スリラーの? あなたは間違っていませんが、あなたが何を支持しているか
読み物は、エコの有名な小説のコピーではありません。

長崎、1578年 封建時代の日本では、まだ暴力的で暗い中世に浸っていますが、一連の死がイエズス会の使命の不動をかき乱します。マルコポーロの時代、ポルトガルの航海者によって数年前に発見されました。

6か月後、トレドでは、メッセンジャーが司教宮殿の敷居を越え、図書館のホールにつながる廊下の迷路に入ります。 ほこりまみれの写本であふれた部屋を通り抜けるのは、手紙の宛先であるマーティン・アヤラ神父です。 有名な言語学者であり翻訳者でもあるその学者は、
日本に到着した最初のイエズス会士であり、その文化と不可解な言語の唯一の西洋の愛好家になりました。 そして今、彼が受け取ったばかりの手紙から判断すると、時が戻ってきた。日本伝道部の 3 人の兄弟が、大阪で 2 人、田辺で 1 人、惨殺されているのが発見された。 そして、2 つの都市間の距離にもかかわらず、それが同じ殺人の手であることは明らかです。

長い旅に直面したアヤラ神父は、何年も前にいた島に戻り、調査することを決意しました。 長崎で、彼は武士の若い農民の息子であり、彼自身が武士である工藤健次郎を見つけます。彼は、見知らぬ人を王国の最も遠い要塞に護衛するという報われない仕事のために選ばれました。恐怖に直面し、
不信感だけでなく、彼らに対して陰謀を企てているように見える謎の力。 800 万の神々が空に住む時間の霧に覆われた世界では、唯一の神々を崇拝する者は見知らぬ人であるだけでなく、危険です。

歴史小説、完璧なアーティキュレーションを備えたスリラー、最高の冒険小説のようなリズム: あらゆる人を本当に喜ばせる本!

アマンダ・コロンボ – Book Gallery

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。