この日本食レストランで猿が出されても驚かないでください

旅行は、視野を広げ、他の文化をよりよく理解するための最良の方法の 1 つです。 現実の違いや認識されている違いを脇に置くと、地球上のすべての場所が本当に特別な理由を発見できます。 日本はその国の一つです 彼らは本当にユニークな文化体験を提供できます.

ライジングサンの保守的なアイデンティティにもかかわらず、日本は実験と現代性を嫌っていません. 例? あなたはそれが東京の近くにあることを知っています あなたがサルに仕えられる場所? 大塚薫さんは、日本料理店のオーナーです。 かやぶきや居酒屋.

このレストランを有名にしているのは、 ウェイターとして働くマカクザル チェック柄のシャツも装備されています。 この場所に足を踏み入れた人は、申し分のないサービスを期待していないので、お茶をこぼしても我慢する準備をしておく必要があります。 大塚さんとお客さんはサルたちにバナナと大豆でお返しをします。

ニホンザルは日本のいくつかの地域に自生しており、島の寒い山岳地帯にも住むことができます。 それが彼らを呼ぶ理由です スノーモンキー. 寒冷地で元気に育つために、 彼らは温泉プールで入浴します.

これらのサルは、日本の常緑樹林や亜熱帯地域にも生息しています。 他の霊長類と同様に、これらのサルは 反対側の親指があり、後ろ足で歩くことができます. 彼らは社交的で、しばしば 20 から 30 人のメンバーのグループで生活し、毛づくろいの方法やスケジュールを調整します。

この物語に登場する霊長類は、実は大塚のペットです。 彼は、サルのフクちゃんがウェイターになりすまして注文をテーブルに運ぶときに、彼らがウェイターになることを許可するというアイデアを思いつきました。 への対処 毎日のメール大塚は彼のサルを主張した 彼らは彼の家族の心により近い. サルはレストランでサービスを提供し、30 年にわたってお客様を楽しませてきました。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です