そして、世界最高のシャンパンの中に日本のものがあったとしたら?

(Adnkronos) – 世界で最も優れたスパークリング ワインのボトルを決定する最新のシャンパーニュおよびスパークリング ワイン ワールド チャンピオンシップ (CSWWC) で初めて、登録企業の中に安心院という名前を含む日本のワイナリーが登場しました。 セラー訪問で観光客に知られていたこの日本のワイナリーは、スパークリングワイン「安心院ぶどう酒工房 2019」で銀メダルを獲得しました。

問題のスパークリング ワインは、シャンパーニュ方式を採用しており、日本の主要な 5 つの島の 1 つである九州の北東の角にある大分県で栽培されたシャルドネ ブドウを使用して製造されました。 2006年以来、同社は地元で収穫されたブドウのみを使用してワインを生産しており、その中にはピノ・ノワール、カベルネ・フラン、国内で栽培されている最も古いブドウ品種の1つである甲州があり、皮は特別なピンク色です.

日本人が泡に興味を持っていることは驚くべきことではありません。 実際、日本はシャンパーニュを最も多く輸入している国のリストで、米国と英国に次いで 3 番目にランクされています。 フランスの生活様式の象徴であるこのワインは、ル ソレイユ レバントのショップにある約 315 の異なるセラーとブランドによって代表されています。 生産量を限定し、特別なキュヴェのみを生産する権威あるシャンパーニュ サロンは、日本列島の住民を最高の顧客に数えています。 日本航空のファーストクラスの乗客が、機内で有名なフランスの家からの泡を一杯飲むことができるのは偶然ではありません.

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。