それは今日、1936 年 11 月 25 日に起こった: 防共協定

1936 年 11 月 25 日の今日、反共産党協定が成立しました。 アドルフ・ヒトラー率いるナチス第三帝国政府と大日本帝国政府との間でベルリンで調印された、ソ連に対する政治同盟条約。 ベニート・ムッソリーニのファシスト・イタリアと他の国は、後に防共協定に追加されました。

それは今日、1936 年 11 月 25 日に起こった: 防共協定

ドイツ・ドイツ政府および日本政府は、コミンテルンとして知られる共産主義インターナショナルの目的が、既存の国家を解体し、征服することであると認識し、国内平和への共産主義者の干渉を容認することは、彼らの平和と社会福祉だけでなく、世界の平和も、破壊的な共産主義活動やボルシェビキ協定に対する防御に協力することをいとわないこの条約に署名した.

防共協定の目的

条約は、情報交換、世論への圧力、共産主義工作員との戦いを通じて協力を固め、共産主義インターナショナルの崩壊しつつある活動に対する共通の防衛を目指した。 この協定はまた、その真の意図を明らかにする追加の秘密の議定書を提供しました。 それは、共産主義過激派のプロパガンダ活動に対する漠然としたイデオロギー的弾圧を目指している以上に、国家としてのソビエト連邦に対する特定の軍事同盟を想定していた.

ムッソリーニのファシストイタリアの加入

秘密議定書はドイツと日本だけに限定されたままでしたが、イタリアをはじめとする他の国々は条約の公的な条項のみに固執しました。 翌年 11 月 6 日、ムッソリーニのイタリアが参加し、事実、第二次世界大戦中の 1940 年 9 月 27 日に公式化される三国同盟の最初の胚が誕生しました。

公式プレス発表

ステファニ機関(現在のアンサ)が発行した文書には次のように書かれている。 1936 年 11 月 25 日、ドイツと日本の間で、イタリアに対しては外務大臣のガレアッツォ チアーノ伯爵が署名し、ドイツに対しては特命全権大使フォン リッベントロップが署名し、日本に対しては堀田大使が署名した。

Radio Cusano Campus と Cusano Italia TV のストーリー。 月曜日から金曜日の午後 1 時から午後 3 時までニコロ クザーノ大学のラジオで放送される「La Storia Oscura」 火曜日の午後 8 時 30 分に地上デジタル チャンネル 264 で放送される「A Spasso nel Tempo」。

Yamashiro Ietsuna

「誇り高き音楽愛好家。学生。Web 愛好家。問題解決者。インターネット専門家。フリーランスのゾンビ伝道師。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です