より決定的な、日本の攻撃を失望させる – OAスポーツ

日本対コスタリカ 0-1 レポートカード

日本

権田 5: コスタリカのゴールへの無料の観客: ゆっくりと飛び込むには重く、フラーの遅いラウンド ショットをそらすことができません。

山根 6歳: 右ウイングでスタート時に大きくプッシュし、攻撃フェーズと防御フェーズの効果的な組み合わせを提供します。 彼は前半の終わりに不必要なファウルの警告を素朴に受け取りました。 (62分から みとめ 6: より攻撃的な推進力を与えるはずですが、代わりにフラーによってキャンセルされます)。

板倉 6歳: 下から出るときは必ずしも正確ではありませんが、敵の攻撃者に対するリスクは非常に低いです。 最後に、彼は一般的な興奮と緊張の警告を受け取ります。

吉田 5歳: 対戦相手の攻撃による危険性はほとんどありません。 コスタリカのゴールは柔らかすぎて浅い。

長友 6歳:守備面では気配りがあり、山根部の同僚にプッシュのケアを任せている。 (46分から H.伊藤 6歳: 前任者と同様に、左翼に活気を与えません)。

終了、5: 彼は中盤に量を与え、特定の攻撃的なトランジションで行動する必要があります: 彼はほとんど見られず、多くをもたらしません. 彼にイエローカードを与えた決勝でのロスト ボールは、灰色の試合の写真です。

死 5: ボールはしばしば足元からパスしますが、ボールのポゼッションが少し失われ、アイデアの少ない攻撃に対して賢明な解決策を提供しません。 コスタリカのゴールでのエラーは重くのしかかっています: フラーに与えられたボール。

ドン、6.5: 彼の代表チームのすべての攻撃的な行動に積極的. 線の間を移動し、右に裂けます。予測不可能なため、管理が困難です。 (67’から J.伊藤、6.5:入ってすぐにカルボを困難にし、ゾーンの端に着地させます。 彼は多くのエネルギーを与え、プッシュし、真ん中に多くのクロスを置きます).

鎌田 5.5: 最後の数メートルで少し不正確: 偽りの足とゴールへの攻撃における少しのいたずら. 端からのフリーキックで好機を逃した。 ナバスがセーブしたペナルティ エリア内から、彼は左足で同点に近づいた。

合計、5.5: アイデアが少なく、かなり不透明。 それは速くて泡立つ要素であるべきですが、海峡ではその可能性を表現できません。 フリーキックを試みてゲートを外した数少ない選手の 1 人。 (82分 南野 6: 挿入が良かっただけ。記録するには遅すぎた)。

上田 5.5: コスタリカの守備陣によって十分に閉鎖され、孤立し、サービスが不十分でした。 彼がスペースを見つけるのは難しい。 (46分から 浅野 5.5: ドイツに対しては影響を与えません: むしろ日本のゲームから切り離され、最後の数メートルで決着がつきません)。

CTモリヤス 5歳: ドイツ戦の 11 要素のうち 5 つを変更するという決定には疑問があります。 トミヤスの使用不足は理解できず、最終的には予選を犠牲にする可能性のあるジョークが登場します.

コスタリカ

ナバス、7: 彼は大きな介入を行う必要はありません: 彼の後衛は彼を日本人の攻撃から大いに守ります. 森田のショットで準備万端。 鎌田への驚異的な介入で、決勝で彼を救います。

ワストン、6.5: 岩だらけで気配りのある背後: 彼はその体格で素早い敵の攻撃者にほとんど譲歩せず、部門を非常にうまくリードします.

デュアルテ、6.5: 中央は後ろに位置し、日本の攻撃者に最小限の深さを与えるタスクを持っています. 彼の側では、相馬と長友は特別な危険を引き起こしません.

ハゲ、6: 身を守るには、かなりの身体能力が必要です。 彼は、コスタリカ ワールド カップのゴールへの最初のショットの作成者の 1 人です。 新人の伊藤が脱走したため予約を余儀なくされる。

オビエド、6: 彼は 5 人のディフェンスでサイドバックとしてプレーし、攻撃するために多くのライセンスを必要としません。

ボルヘス、5.5: いくつかの弾丸を失います。 建設段階ではあまり正確ではありません。攻撃的な提案の可能性がある中盤の質を提供しません。 (89年以降 Borges, s.v.)。

テジェダ、6歳: 中盤でフィルターをかけ、ディフェンダーのライン上に位置して守備に貢献することがよくあります。 原因に対する非常に適用された態度。

トーレス、6歳: 5-4-1 でブロックされたサイドバックとしてプレーし、追加のサイドバックとして機能します。 小さな攻撃的な提案、慎重で完璧な配信。 (65’から アギレラ、6歳)。

フラー、8:彼はハエを通過させません:彼は各ボールを一掃し、コンクリートで右レーンに集中します。 彼は高い位置を保ちますが、それでも素晴らしい走りで戻ってくることができます.40メートルの電光石火のスプリントで浅野を締めくくるのは象徴的です. 彼は力強いパフォーマンスを締めくくった。

キャンベル、6.5: 数分後の優れたスラロームで、雌豚は相手の防御にパニックを起こします。 彼のスピードは、日本の後衛にとって扱いにくいものです。 (以来 95′ Chacon, s.v.)。

コントレラス、6: 優れた走りとダイナミズム、相手の守備に基準点を与えず、攻撃ゾーンにできるだけ多くのボールをキープしようとします。 (65’から ゴミ箱、6)。

CTスアレス・グスマン、6.5: 守備の集中力と応用力の高さ: 彼のチームには勇気と虚勢が少し欠けています。 フラーは、日本の守備エラーから黄金のゴールを見つけ、基本的な勝利を収めて、スペインの 7-0 の敗北から戻ってきました。

写真:ラプレス

Kawasaki Michinori

「ベーコンマニア志望。受賞歴のある学生。インターネット開業医。アルコール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です