アプリが影を描き、市内で「最もクールな」ルートをマークします: アイデアは日本から来ました

日本でもイタリアでも、 蒸し暑い夏 それは、東京やローマのような特に大都市での生活を結びつける要因であり、都市の通りがシナリオを支配し、彼の忙しい職業生活ではほとんどありません。 あなたは美しい木の陰で休む機会があります または緑豊かな公園で。

暑い日差しの中を歩く リスクと危険性があり、 夏の太陽からの避難所の欠如は、特にこれらの状況に長期間いることに気付いた場合、実際の健康上の問題を引き起こす可能性があります. 日傘を持参することで、これらの問題を解決しようとする人もいますが、 利便性は不便さによって勝ち取られる (そしてそれが引き起こす奇妙な外観)UVバリアを設置する必要があります。

ただ、日本ではそうらしい 誰か試して 夏の街歩きをより快適に巧妙であると同時に洗練されたメディア: リアルタイムで影を描くアプリケーション。

日本の灼熱の太陽にさらば

知るために 日陰になる場所と時期 いくつかの理由から、それは間違いなく実際的な事実です. 防火カバーオールを着用する. ナビタイムジャパン 多数のアプリとナビゲーション サービスの作成者であり、時間通りに電車に乗る、または全国のルートを計画するのに役立ちます。 そこで彼は悟った 影を正確に「追跡」することを目的とした器具。

「シャドウトレーサー」が見つかる Alkooアプリで、マイルストーンを反映するために作成されました。 操作はとても簡単です。見たいエリアの地図を読み込んで、「影」ボタンを押すだけです。 影が落ちる場所を地図上で即座に特定します。

それを考えると、実際にはセットアップが簡単な追加でした 建物の高さ情報はデータに含まれています。 ナビタイムジャパンがやらなければならなかったことは、追加するだけでした 可能な限りいつでも太陽の位置光線が当たらない場所を計算します。

要するに、このアプリケーションは非常に便利で、私たちイタリア人にとっても非常に役立つでしょう。 それにもかかわらず、 バットがあります: すべての建物の高さデータが入力されているわけではないため、結果は歩いているエリアの開発に大きく依存します。 また、架線などの建物以外の構造物による影も表示されず、屋根付きの商業道路も考慮されていません。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。