イゼルニアで脚光を浴びる日本のアニメーション: 講堂での宮崎のボード | ニュース

1月4日~8日 葉山先生とデントゥート先生のアート:「ケン・ザ・ウォリアー」から「ルパン三世」、「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」、「ラムー」まで


ISERNIE。 日本のアニメーションがイゼルニアに初登場。 1月4日から8日まで、「Unità d’Italia」オーディトリアムでは、巨匠の葉山潤一とアンドレア・ユウ・デントゥートの作品を展示する「Visions of Japanese Anime」展が開催されます。 両アーティストは、「ケン・ザ・ウォリアー」、「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」、「ルパン三世」の作品で最もよく知られています。

1月4日水曜日の午後6時に、ジャンルカ・ベッカリシによる日本の漫画のサウンドトラックに捧げられた音楽セレクションで、展覧会の発足が予定されています. また、1月7日18時からはDentuto師匠が出展し、来場者向けに描きおろし、師匠の原画を展示します。 宮崎駿.

葉山純一 1965年長野県生まれ。 高校卒業後、オニオンプロダクションに入社。 1984年「ググガンモ」シリーズ(イタリア未発表)でスペーサーとしてデビュー。 1985年、「ハイ・ステップ・ジュン」シリーズ(イタリアでは「ジュニー・ペペリーナがすべてを発明する」というタイトルで配布)の主要作画を担当。 1987年、「北斗の拳」シリーズ(イタリアでは「ケン・イル・ゲリエロ」で放送)で初めて作画監督を務める。 1989年「ビバップハイスクール」シリーズでキャラクターデザインデビュー。 1993年から2002年まで『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』シリーズでキャラクターデザイン・作画監督を務める。 最近のコラボレーションでは、タイガーマスク W、ドリフターズ、ゴールデンカムイなどのタイトルが際立っています。

アンドレア・ユウ・デヌート イラストレーターとして、グラナタ・プレス、毎日新聞(日本の主要な新聞の1つ)で非常に若くして出版し、スター・コミックスとカッパラボに定期的に記事を書きました。 日本では、彼は双葉社(公式出版社)のオリジナルのルパン三世コミックを作成し、バーチャファイターとアニマニアックスのテレビシリーズの仲介者として働いていることで知られています. 現在は主にイラストレーター、グラフィックデザイナーとして活動しており、雑誌「中国風雲」にて月刊コミック、「ニッポンショックマガジン」にて挿絵を連載し、いずれも全国の売店やコミックショップにて配信中。 彼は BGeek の 2 つのエディション (その創設者の 1 人であり、2016 年までコミック部門の責任者でした)、Daunia Comics & Games 2019 のポスターなど、いくつかのポスターを作成しています。 彼は現在、2023 年にリリースされる 2 つの別々の漫画に取り組んでいます。バーリにある 2 つの漫画学校で漫画の描画技術を教えています。東京のトムス アニメーションと時々協力しています。コミック (M. Manara、Enzo Rizzi、Roberto Recchioni などによる「欲望の部屋」)。 彼の絵画の 1 つは、モーリス ルブランに捧げられた美術館に展示されています。 10年以上日本に住んでおり、イタリア語に加えて日本語も堪能。 彼はルパン三世の歴史家であり収集家であり、作家モーリス・ルブランの研究者でもあります。

展覧会の入り口は 自由 毎日 1月4日から8日まで18時から20時まで。

Kitagawa Momoko

「一般的な思想家。クリエーター。微妙に魅力的なビール ファン。情熱的な旅の達人。作家。コーヒーの忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です