イゼルニアのクリスマス: コンサート、広場でのイベント、展示会、講堂での宮崎まで | ニュース

日本のアニメーションの巨匠は、葉山とDentutoと一緒に彼の原画のいくつかを展示しました. その後、パティ・プラボ、ノエミとトゥルチのいるマノイア、市場、劇場ショーなど、すべての人のために設計された非常に豊富なプログラムです。 ビデオを見る


ISERNIE。 クリスマスイベントのプログラムは今朝、文化省がProLoco、町の商人、地元の協会と協力して作成したイゼルニア市のラウチホールで発表されました.

「イタリア統一」講堂を中心に据えた非常に充実したプログラムは、この機会にすべてのイベントの中心的なハブに変わりました。 フィオレッラ・マンノイア、ノエミ、パオラ・トゥルチによるイベントから、パティ・プラボを主役とする12月28日まで、幅広いコンサートの提案。 一方、Antonio4Sma、マエストロ ラウッチのサント ステファノ コンサート、ジャンパオロ ドゥヴァとの「アマナカンダ」ショーなどの伝統的なイベントも開催されます。

豊かなセクションは展示会に捧げられます。このプログラムには、とりわけ、これまでイゼルニアでは見られなかった、10代の若者や若い愛好家を対象とした非常に興味深い目新しさが含まれます。 実際、1月に予定されている展覧会の中には、漫画家でイラストレーターのカップルである葉山に捧げられたものもあり、「日本のアニメのビジョン」と題されたデデントには、戦士のケンからルパンまでのオリジナルの彫刻と絵が描かれています. ファンもそうでない人も同様に愛する逸品は、日本のアニメーション マスター宮崎駿によるオリジナル デザインの存在です。彼の重要性は、しばしばウォルト ディズニーの重要性と同等と見なされます。 「魅惑の街」。

イゼルニアの古い村とその驚異の発見につながる、イサーク協会によって提案された旅程をお見逃しなく。 最後に、市の商人は一連のイベント、スタンド、市場を自律的な募金活動を通じて組織し、コルソ リソルジメントの歩行者エリアを 1000 個のライトとクリスマスの良い雰囲気で照らし、彩ります。

Kitagawa Momoko

「一般的な思想家。クリエーター。微妙に魅力的なビール ファン。情熱的な旅の達人。作家。コーヒーの忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です