イタリアのグループの状況。 3つのスポットを争う5チーム – OAスポーツ

2023 バスケットボール ワールドカップ予選の第 1 フェーズがアーカイブされました。 私たちは次の大会に参加し、来年の世界選手権のヨーロッパの出場枠を決める決定的なものとなるでしょう。. イタリア、グループ H で 1 位に終わった後 – アイスランドと 3 勝 1 敗の記録で結ばれていますが、これも有名なスポーツ以外のイベントでロシアが除外されています – アイスランド、オランダとともにグループLに含まれた (0-4 であるため、事実上、配置争いの可能性からすでに除外されています), グループGまたは世界チャンピオンのスペインによって資格を与えられた3つの代表チームと合併 つける セルジオ・スカリオロ、ジョージア、ウクライナ。

これらのチームはすべて、先月最後のウィンドウが閉じられた最初のフェーズで行われたゲームから獲得した結果とポイントをもたらしました。 この第 2 段階の特徴は、これまで対戦したことのないチームのみがホーム アンド アウェーで対戦するため、イタリアはグループ G (実際にはスペイン、ジョージア、ウクライナ) の代表チームにのみ挑戦することになります。

第 2 段階では 3 つのウィンドウが計画されています。1 つ目は今週、EuroBasket 2022 の開始を予想し、2 つ目は 11 月中旬 (11-14)、3 つ目は 2023 年 2 月 (23-26) です。 グループ L に含まれる 6 チームのうち、アジア ワールド カップへのチケットを取り消すのは 3 チームだけです (実際、これらのチームはインドネシア、フィリピン、日本でプレーしています)。

グループLのランキング状況を簡単にまとめてみましょう。

イタリア、アイスランド、スペイン 7 勝ち点 (3-1)

ジョージア 6 ポイント (2-2)

ウクライナ 5 ポイント (1-3)

オランダ 4 ポイント (0-4)

したがって、この分類に照らして、 重要な位置をめぐる戦いから今のところ除外されているように見える唯一のチームは、マウリツィオ ブスカリアのオランダです。 オレンジ実際、彼らは戦争が始まって以来、いまだに勝利を収めていません。 FIBA バスケットボール ワールドカップ 2023 予選. ウクライナ一方で、第 1 フェーズの終わりに 1 回の成功 (ジョージア戦で 91-70) しか必要としないため、FIBA の 3 つの予選場所で他の国内セレクションと戦うという希望に固執し続けています。インターコンチネンタルレビュー。

ウクライナに加えて、ランキング順位と予想を考慮して、 予選のスピーチは、スペイン、イタリア、アイスランド、ジョージアで引き続き有効です。 ヴィルトゥス ボローニャのセルジオ スカリオロ監督がベンチで率いるイベリア人は、中国での 2019 年の成功を確認するための最善の方法でこのフェーズを完了するための最有力候補であることは間違いありません。 イタリア 数ヶ月前にメオ・サッケッティから引き継いだ新しいコーチ、ジャンマルコ・ポッツェッコが、昨夏の東京オリンピックの夢を全国民にもたらしたチームの多くを維持している. ただし、アズーリは今週予定されているチャレンジを欠場する必要はありません。 ウクライナ (8 月 24 日水曜日、リガのニュートラル グラウンドで – ラトビアで有名なスポーツ以外のイベント) とジョージア (8 月 27 日金曜日、ブレシアのパラレオネッサで) と対戦します。

バスケットボール:アメデオ・デッラ・ヴァッレはイタリアの引退を去り、ポッツェッコにはヨーロッパ人のためのカップがあります

グルジアとアイスランドも、イタリアとスペインの中間に位置することを目指しています。 闘争 2023年のワールドカップに向けて。 代表チームは、第 1 段階でヴィルトゥス ボローニャのスター、トルニケ ‘トコ’ シェンゲリアがピッチに登場し、セリエ A (82-76) でグループ G からの最後の決定的な挑戦で、コーチのスペインを倒すことができました。しかし、ギリシャのコーチ Ilias Zouros のチームは、手ごわいアイスランドにも対処しなければなりません。アイスランドは、第 1 フェーズでイタリアにも勝った後、競争を驚かせるために再び挑戦したいと考えています (107-105 dTs、アズーリは復讐を果たしました)。ボローニャのパラドッツァへの復帰戦で 95-87 で敗れ、得失点差も逆転)。

2023 年のワールドカップへの道のりはまだ長いですが、イタリアのグループの状況は確実ではありません。今後数か月で大きな挑戦が待ち構えています。 アジア行きの飛行機に乗るのはどの国民3人?

1クレジット

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。