イタリアの女性にとってはすべてが簡単ですが、男性はその見返りに勝ちます – OA Sport

初日 第 16 回 DP ワールド – 世界パデル選手権、国際パデル連盟が主催するイベント UAEPA、アラブ首長国連邦のパデル連盟。 今日はグループステージの初戦が行われ、 イタリアのチームに 2 つの重要な勝利がもたらされました。 起こったことすべてを詳細に調べましょう。

女子トーナメント

オランダを 3 対 0 で下したイタリアの女子にとっては、すべてが簡単です。 最初にフィールドに出たのは キアラ・パパセナとジュリア・スサレロ: 2人のブルースは、Koek Marcella とRosalie van der Hoek との試合で、ダブル6-3で勝利しました。 その時は次の番でした ジョルジア・マルケッティとカロライナ・オルシ、 ミカエラ・クライチェクとステフィー・ウェテリングスをもう1回ブレースで6-3で破った。 ついに大成功を収めた エミリー・ステラートとロベルタ・ヴィンチ Milou Ettekoven と Tess van Dinteren に対して 6-0 6-2 のスコアで。 明日、率いるチームは マルセラ・フェラーリ メキシコと対戦しますが、今日は手ごわいポルトガルとの挑戦で 3-0 で敗れています。 当日の全結果はこちら。

グループステージ初日

グループA
スペイン – アメリカ 3-0
ドイツ 2 – 1 チリ

グループB
アルゼンチン 3 – 0 ウルグアイ
ベルギー 3 – 0 日本

グループ C
イタリア – オランダ 3-0 (C. パパセナ / G. スサレロ – K. マルセラ / R. ファン デル フック 6-3 6-3、G. マルケッティ / C.アワーズ – M. Krajicek / S. Moorings 6-3 6-3, E.ステラート / R.ウィン – M. エッテコーベン / T. ヴァン ディンテレン 6-0 6-2)
ポルトガル 3 – 0 メキシコ

グループD
スウェーデン 2 – 1 フランス
パラグアイ – アラブ首長国連邦 3-0

パデル、ドバイワールドカップ2022:明日から始まる、グループが明らかに

男子トーナメント

最終的に重要な2-1の勝利を収めることができた男子チームには、まだいくつかの問題があります。 その日の最初のミーティングで、カップルは ダニエレ・カッタネオ / リッカルド・シニクロピ 彼はレネ・リンデンベルグとメノ・ノルテンに6-4 6-3で敗れた。 そこで彼らは考えました マルセロ・カピターニとデニス・ペリノ 2 人の Azzurri が Bram Meijer と Sten Richters を 6-1 6-3 で下し、同点に追いつきました。 いよいよ決戦で、 シモーネ・クレモナとマルコ・カセッタ 彼らはウリエル マールセンとロビン シエツマを 6-4 6-3 で破り、イタリアに 2-1 を与えました。 明日の少年たち ミゲル・シオリリ 彼らは非常に危険なアルゼンチンと対戦します。アルゼンチンは今日、ベルギーを簡単に 3-0 で退けました。 当日の全結果はこちら。

グループステージ初日

グループA
スペイン 3 – 0 ウルグアイ
ポルトガル 3-0 イギリス

グループB
イタリア
– オランダ 2-1 (D. Cattaneo / R. Sinicropi – R. リンデンバーグ / M. ノルテン 4-6 3-6, M. カピターニ / D. ペリーノ – B. マイヤー / S. リヒター 6-1 6-3, S.クレモナ / M.カセット – U. マーセン / R. シエツマ 6-4 6-3)
アルゼンチン 3 – 0 ベルギー

グループ C
ブラジル – アラブ首長国連邦 3-0
チリ 3 – 0 エクアドル

グループD
フランス 3 – 0 メキシコ
パラグアイ 3 – 0 カタール

写真:worldpadeltour.com

Kawasaki Michinori

「ベーコンマニア志望。受賞歴のある学生。インターネット開業医。アルコール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です