イタリア・ソフトボール・ベースボール連盟

U12 ワールド カップの第 1 フェーズは台南で終了し、退任する準優勝チームが圧勝しました。 日本 の手によって ドミニカ共和国 (8月3日水曜日に行われた衝突の最終スコアは5-2)、第2フェーズの構成は最終的なものです。

L’イタリア プレースメント ラウンドに含まれ、 チェコ共和国 (8 月 4 日木曜日、現地時間午後 2 時 30 分、イタリアでは午前 8 時 30 分)、1 日休んだ後、 日本 (8 月 6 日土曜日、現地時間午前 10 時 30 分、イタリアでは午前 4 時 30 分)。 アズリーニは、勝利と敗北のベースから始まります。 南アフリカ パナマ 第 1 段階では、ワールド レビューで 7 位から 11 位までの順位を競います。

一方、スーパーラウンドでは、エキサイティングなチャレンジが最後まで待っています。 グループAからは5戦4勝で本戦出場権を獲得 メキシコ、ベネズエラ 中国台北他のグループでは無敗 アメリカ 彼らは啓示に直面して閉鎖した ドミニカ共和国 (3-1) で 韓国 (2-2)。 8 月 7 日の日曜日にメダルを獲得するためにプレーするチームの定義につながるフェーズでは、米国が 2 試合で 2 勝して先頭に立ち、続いて 1 対 1 の記録を持つフォーサムが続きます。韓国は2敗で順位を締めくくる。

すべてのスーパー ラウンド チャレンジは gametime.sport でストリーミングされますが、プレイスメント ラウンド ストリームはありません。

ランキング

U12ワールドについて

台南(台湾)出身、ケビン上院議員

WBSC 提供のカバー写真、イタリア対メキシコ戦のプラットフォームでのトマソ デストロ

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です