イタリア対フランス、ワールドカップ前の最後のテスト – OA Sport

イタルドンヌ ラグビー チームは明日ピッチに戻り、1 週間前にニースで 0-21 で苦しんだ後、再びフランスと対戦します。. 10月にニュージーランドで開催されるワールドカップに向けたレ・ブルーの2度目の挑戦であり、最後の親善試合。

キャプテンのマヌエラ・フルランの衝撃的な損失の後に来るイタリア 右膝の捻挫、より具体的には前十字靭帯と内側側副靭帯の損傷を報告した. そのように アズーリのジャージで71試合に出場したメリッサ・ベットーニが初めてキャプテンを務める 世界選手権へのコミットメントを考慮して、確実性と意識を求めるグループ。

このため アンドレア・ディ・ジャンドメニコも最後の実験を行います その後、グループ B でイタリアが対戦し、カナダ (10 月 9 日)、米国 (10 月 16 日)、日本 (10 月 23 日) と対戦するワールド カップの準備に集中します。

イタリア – トレーニング

15 ヴィットリア オストゥーニ ミヌッツィ、14 オーラ ムッツォ、13 ミケラ シラーリ、12 ベアトリス リゴーニ、11 マリア マガッティ、10 ヴェロニカ マディア、9 ソフィア ステファン、8 エリサ ジョルダーノ、7 フランチェスカ スゴルビーニ、6 イザベラ ロカテリ、5 ジョルダナ ドゥカ、4 ヴァレリア フェドリギ、3ルシア・ガイ、メリッサ・ベットーニ 2、ガイア・マリス 1
ベンチ: 16 ヴィットリア ヴェッキーニ、17 エマヌエラ ステッカ、18 サラ セイェ、19 サラ トゥネージ、20 ジャーダ フランコ、21 フランチェスカ グランゾット、22 エマ ステヴァニン、23 アリッサ ディンカ

写真:もみの木

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。