インフレと景気後退 / 新政府に待ち受ける障害

この日記では、選挙運動に向けた第一歩として、特に同盟国同士の連立の場合に、選挙に勝った場合に何を計画し、どのようにそれを計画するかについてのプログラムを準備する方法を概説しました。 Fare Futuro Foundation (Fratelli d’Italia の隣にある「シンクタンク」) が私に個人的に返信し、センターと共有するためのプログラムを作成するために、高尚な名前の委員会を作成したことを伝えました-選挙運動の運用段階の開始前に右の同盟国。 私たちは見て、それについて話します。

今年、政府に行く人は誰でも非常に困難な状況に陥るでしょう: インフレの金床 (これはよく話題に上ります) と金槌の間です。 不況 (これは話題になり始めたばかりですが、値上げをそれほど恐れるべきではありません)

最新の統計を見てみましょう。 消費者物価の上昇は止まっていませんが、7 月 (Istat による暫定的な見積もり) のコア インフレ率は 6 月の記録 (+ 7.9 %) と比較して 10 分の 1 ポイント低下しました。 決定的な要因は、エネルギー商品の価格の上昇であり、1 年間で 48.7% 急上昇しましたが、未加工よりも加工された (+ 6.6% から + 8.1% へ) 食料品の価格の上昇 ( +7.9% から +9.6% へ)。 残念ながら、エコノミストが「潜在的なインフレ」と呼ぶものもあり、エネルギーと生鮮食品を除くと、+3.2% から +3.8% に加速しています。 エネルギー商品だけを除いても、価格の上昇は +3.6% から +4.2% に上昇しました。 これは、春に見られた(そして「一時的なスパイク」と見なされた)インフレの兆候が個人、家族、企業の期待に加わったことを示しているため、簡単に引き戻すことはできないでしょう。

アメリカでは、 通貨当局 彼らは、金利の急激な上昇と対策によってインフレと闘う任務を自らに課した。 量的締め付け 流通の流動性を低下させることを目的としています。 その結果はまだ物価では見られませんが、経済活動では見られます。7 月 29 日から、米国は「技術的不況」、つまり 6 か月間の GDP の (わずかではあるが継続的な) 縮小に突入しました。 パンデミックに起因する労働市場の深刻な変化により、失業率が 3.6% であるため、米国はそれを受け入れる余裕があります。これは、「経済の奇跡」の最盛期である 1963 年にイタリアで達成されました。 最後に、欧州通貨同盟の失業率は 6.6% (19 か国すべて) で、イタリアでは 12.7% でした。

実際、米国では、そして大部分の英国では、1980 年代前半の戦略と同様の戦略が取られています。インフレ率を年率 2% の目標に戻します。 欧州中央銀行 (法規で年率 2% の目標を掲げている) は、「ソフト ランディング」の道を模索しています。つまり、金利を徐々に引き上げ、パンデミック時に国債を購入するための「特別支店」を廃止します。 (イタリアが主な受益者でした)。 この戦略が成功するかどうかを判断するのは時期尚早です。

しかし、イタリアでは注意してください。 EU の他の地域では、景気後退に陥るリスクがあります。2022 年後半の GDP 成長率はわずか 1% でした。 それにもかかわらず、近年採用された超拡張的な金融政策と予算政策の両方は、最初にCovid-19の不況の影響に対抗するために、次にロシア連邦のウクライナに対する侵略の影響に対抗するために採用されました.

インフレと景気後退に同時に対処することは容易ではありません。 そのためには、首尾一貫した政府と、圧力団体のサイレンに敏感ではない議会と、強い決意が必要です。 したがって、私たちは金融政策を定義し実施する 19 のパートナーの 1 つにすぎません。 ECB は、アメリカやイギリスの金融当局が行っているよりもはるかに緩やかに金利を引き上げています (ライジングサンではインフレが非常に低いため、日本の通貨当局はゲームに参加していません)。 量的締め付け国債の購入(および供給)のためのいくつかの特別な支店が閉鎖されましたが、これは迫っています 「新しいツール」 市場の断片化、つまりスプレッドを抑えるため。 これが期待される結果をもたらすかどうかを確認します。

しかし、金融政策だけではインフレと戦うことはできず、ましてや景気後退の兆候を止めることはできません。 競争政策が必要であり、正確には、かなりの地位収入の恩恵を受けて長い間保護されてきた分野 (タクシー、入浴施設) から始めます。

これまでこれらのグループの支持者と見なされてきた政治勢力は、すぐに進路を変えるでしょうか? そして、彼らの選挙プログラムではっきりとそう言いますか?

– – – –

質の高い独立した情報を提供し続けるために、皆様の貢献が必要です。

私たちを応援してください。 ここをクリックして今すぐ寄付

©著作権所有

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。