ウイグル人。 中国、「再教育キャンプ」での人権侵害に関する国連報告書を拒否

アジェンプレス – 中国は、デモ後に公表された国連の報告書を非難している。 新疆ウイグル自治区の西部地域におけるウイグル族およびその他の主にイスラム教徒の民族グループによる政府は、人道に対する罪を構成する可能性があります。

世界ウイグル会議はこの報告を歓迎し、迅速な国際的対応を求めた。

– 広告 ​​-

「中国政府による強い否定にもかかわらず、国連は今、恐ろしい犯罪が行われていることを公式に認めた」と、ウイグル人権プロジェクトの事務局長であるオメル・カナトは述べた.

報告書は、中国がテロリズムと過激主義に対する政策において深刻な人権侵害を犯したと結論付けています。 そして、国連、国際社会、そして中国自身が彼らを導くために「緊急の注意」を払うよう求めます。

国連がその報告書で発表した厳しい抗議の中で、ジュネーブの中国外交使節は 彼女は、国連評価の公表に強く反対していると述べ、 新疆ウイグル自治区での人権の達成と、テロリズムと過激主義によって人々に引き起こされた損害を無視していると主張した.

– 広告 ​​-

「反中勢力によるでっちあげのデマやウソ、推定有罪に基づく、いわゆる『鑑定』 それは中国の法律をゆがめ、恣意的に中国を中傷し、中国の内政に干渉している」と抗議文の一部が読み上げられた。

日本は、新疆ウイグル自治区の透明性と人権状況を改善するよう中国に要請した報告書にコメントした最初の外国政府の 1 つでした。

「日本は新疆ウイグル自治区の人権状況を非常に懸念しており、中国でも同様に重要であると信じています。 自由、基本的人権、法の支配といった普遍的価値が保障されている」と松野官房長官は述べた。

ヒューマン・ライツ・ウォッチとアムネスティ・インターナショナルは、国連と各国政府に対し、人権侵害について独立した調査を開始するよう求めました。

「北京に立ち向かい、被害者を支援することは、国連システムにとってこれまで以上に重要です。」 同グループの国際防衛担当副局長であるジョン・フィッシャー氏は、次のように述べています。

国連の報告書はジェノサイドについて言及していません。 新疆ウイグル自治区には約 1,200 万人のウイグル族が住んでおり、ほとんどがイスラム教徒です。 国連は、非イスラム教徒のメンバーも報告書の問題の影響を受けた可能性があると述べた。

米国と他の多くの国の国会議員は以前、新疆ウイグル自治区での中国の行動をジェノサイドだと非難してきた。

この報告書は、元被拘禁者や 8 つの拘置所の状況に精通している人々へのインタビューに一部基づいて作成されました。

彼は、拘留の説明には 拷問およびその他の残虐で非人道的な扱い レイプやその他の性暴力の申し立ては信憑性があるようだと述べた。

「ウイグル人およびその他の主にイスラム教徒のグループの構成員の恣意的かつ差別的な拘禁の程度は…より一般的な制限と基本的権利の剥奪の文脈において…国際犯罪、特に人道に対する犯罪に相当する可能性がある。 」と報告書は述べています。 言った。

権利局は、新疆ウイグル自治区の強制収容所に 100 万人以上が収容されているという推定を確認できないと述べた。 しかし、少なくとも2017年から2019年の間に「大規模な恣意的な拘留のパターンが発生したと結論付けるのは合理的だ」と彼は付け加えた.

北京は多くのキャンプを閉鎖し、 彼はそれを職業訓練と教育のためのセンターと呼びましたが、何十万人もの人々が刑務所に残っています多くの人が漠然とした秘密の告発をしています。

国連の評価によると、この地域での逮捕者数の急激な増加と長期の懲役刑についての報告は、収容所を使用する代わりに正式な投獄に移行することを強く示唆している.

報告書は中国に対し、恣意的に拘束された人々をすべて釈放し、失踪した人々とその家族が彼らについての情報を求めている人々の運命を明らかにするよう求めている。

国連人権高等弁務官のミシェル・バチェレは、彼女は両方から圧力を受けたと述べたそして、彼は出版すること、または出版しないことを選択し、チリ大統領としての 2 期の任期中の政治的圧迫の経験を指摘しながら、すべてに抵抗しました。

4 年間の任期が終了する 8 月 31 日までに報告書を発行するという彼の 6 月の発表は、問題の両側にある市民社会、民間人、政府からの手紙を含む舞台裏でのキャンペーンの嵐を巻き起こしました。

「完全に正直に言うと、一部の国によるこれらの深刻な人権問題の政治化は助けにはなりませんでした。」 バチェレ氏は当初、政府と協力したいという希望を表明していた。

批評家は、報告書が公表されないことは、彼の在職期間に明らかな黒点になるだろうと述べていた.

アムネスティ・インターナショナル事務局長のアニエス・カラマールは、次のように述べています。 「この報告書の発行が許しがたいほど遅れたことは、汚点を投げかける」 国連人権事務所の記録では、「しかし、それはその意味から逸脱してはならない」.

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。