ガンダーが帰ってきた、偉大なチャンピオンが帰ってきた

キアッソで第 35 回メモリアル ガンダーが開催されたのは 2018 年でした。 その後、パンデミックにより、通常どおりフランス地域の 2 つのエディションが散在していた 2020 年版のキャンセルが余儀なくされました。

今年、ついにすべてが正常に戻り、11 月 23 日水曜日の夜、パラペンツは、今では非常に遠い 1984 年にキアッソで始まったイベントの第 39 回版で再び素晴らしい体操を開催します。ティチーノの愛好家は、常に国際的なシーンからの印象的なチャンピオンのパレードを楽しむことができました.

再び、イベントは最高の後援の下で形になりつつあるようです. 11 月の初めにリバプールで開催される世界選手権の数週間前に、オーストリア、フランス、ドイツ、イタリア、日本、トルコ、ウクライナ、アメリカ、そしてもちろんスイスの代表がパラペンツに到着するはずです。

したがって、いくつかの最大級のインターナショナル スクール、特に日本と米国は、ヨーロッパ選手権の機会にミュンヘンで開催されたさまざまなヨーロッパの現実を忘れずに、最高レベルの役割を果たす能力を示しました。確かに主要な要素を備えたキアッソで表現されます。

原則として、レースには 2 つのセクターで 10 人の主役がいることに注意してください。 労働力を倍増させるスイスを含む 9 カ国が招待されました。

体操の進化を追い、感謝する人だけでなく、すべての人にとって見逃せない夜です。 なお、先行販売は10月初旬よりサイトにて開始予定 www.memorialgander.ch.

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。