クーネオのテストマッチでイタリアが渡米

コーナー- 男子代表チームは、ポーランドとスロベニアで予定されている世界選手権の準備として行われた DHL テスト マッチ トーナメントの最初の試合で、米国に 3 対 0 (25 対 23、25 対 22、25 対 22) で敗れました。 8月26日から9月11日まで。
レースは楽しかったが、激しい準備に苦戦している両チームは確かに調子が良くないことが分かった。

Il CT De Giorgi per questa prima uscita post VNL ha tenuto precauzionalmente a riposo Alessandro Michieletto alle prese nella giornata di ieri con dei Disturbi intestinali, schierando dunque Giannelli in palleggio, Romanò sulla suadianale, Bottolo e Lavia martelli, Galassi e Russo centrali con Balaso自由。
アメリカは、セッターのクリステンソン、アンダーソンのスミス戦、センターのジェンドリック、フォワードのムアグトゥティア、デファルコ、ショージのフリーでフィールドに出た。
アズーリとのバランスのとれた第 1 セットは、やや収縮したスタートの後、対戦相手を引き継ぎ、数分間にわたってより流動的な操作を示しました。 結果は、チームが常に最小限のアドバンテージで交互にコントロールし、アメリカ人が 25 -23 に値する決定的なブレークを配置することができた最終バー (23-23) まで引き分けで、全体的に均等な分割でした。トリコロールフォーメーションのすべてのファンダメンタルズで良いパーセンテージにもかかわらず、セット。
第 2 部分の開始時に、デ ジョルジはバラソの代わりにピッチネッリにスペースを与え、チームの残りを確認しました。 ボットロの代わりにレシーネが入った第2セットでも、チームはアズーリと公然と衝突したが、アズーリは確信を持ってフォローアップすることができず、最終段階で再び屈服した(21-24)。 対戦相手への最初のセット ボールがキャンセルされ、Giannelli と彼のチームメイトは 21-25 に苦しみ、アメリカ人に有利な 2-0 を獲得しました。最初のセットへ。
地面にレシーネ(ボットロの場合)とピッチネリ(バラソの場合)が再び見られた3番目の部分。 数分が経過するにつれて、De Giorgi も Anzani にスペースを与えましたが、変更にもかかわらず、イタリアはゲームの慣性を逆転させることができず、25-22 でファイナル 3 -0 を獲得しました。
レースが終わった後も、あと 2 セットがプレーされます。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です