グラビナと日本が出会う

日本政府は、フィレンツェのサンタ・クローチェ礼拝堂のフレスコ画の修復で得られた決定的な結果を考慮して、主に金沢大学を通じて日本の後援者によって資金提供され、Opificio delle Pietre Dureによって実施され、要求を受け入れました.ビザンチン時代と中世初期に特に注意を払って、南イタリアの半島領土の壁画の実行技術と保存状態に関する診断および記録研究プロジェクトのために金沢大学から提示された資金に対して。 10 年以上前、彼は金沢大学とフィレンツェの Opificio delle Pietre Dure が南イタリアの中東のビザンチン様式の壁画について行った研究プロジェクトに資金を提供しました。 このプロジェクトは、金沢大学の西洋美術史の教授である宮下貴治の主題への関心から生まれ、Opificio delle Pietre Dure によってすぐに共有されました。

その結果がデジタルアーカイブに統合されたこの研究は、イタリアの芸術的遺産の重要な部分についてより良い知識を得ることを目的としていました.ほとんど知られていませんが、絶対にユニークで、修道会の教会、礼拝堂、岩場を特徴とし、正教会の修道士の和解をもたらしました.カラブリア、ルカニア、プーリアなどの地域で、6世紀から11世紀の間に行われた東とシチリアから。 このプロジェクトは特に革新的な価値を持っていますが、その理由は、執行技術や中東ビザンチン地域の壁画の類型論に関する有機的で広範な知識がないため、プーリアから直接始まったからです。

選ばれたのは私たちの街でした。なぜなら、南イタリアで、新しいものとして認識されるものに内在する独創性を適用し、検出し、傍受した最初で唯一の都市だったからです。 グラヴィーナの岩の教会は、生体解剖され、研究され、数えられ、カタログ化されましたが、想像を絶する目標を目指した長子相続の扱いを受けたことはありませんでした。 国際的なシーンの最前線に位置付けて上昇する方法であり、その宝物、その宝石を学者の処分に置き、Cornelia Gracchi になります。 南イタリアのテーバイ。

このプロジェクトは、最初の代表団が宗教的なタイプのすべての岩石の現実と集落の認知検査に進み、プロセスの最後に次の 3 つにのみ主張して介入する必要があると決定したときに形になり始めます。サン ヴィート オールドの地下室、内側と外側の元の場所、およびエットーレ ポマリチ サントマシ ディ グラヴィーナ財団にある再建。 同名の考古学的エリアにある永遠の父の洞窟と、内部と外部にあるサン ミケーレ デッレ グロッテ教会。
その後の数ヶ月で、最初の写真調査と 3 次元レーザー写真がいくつかの段階で撮影され、15 日間作業を行った宮下隆治教授が率いる教師と学生を含む 15 名の日本軍が到着しました。高度で高度な技術を駆使した設備を、すべて同じ分野で徹底して日本で製造しています。 この意味で、この歴史的・芸術的現象のイタリア語版の研究は、地中海盆地の岩石教会の最大の遺産に関する将来の収集の基準点となる可能性があります。

研究は、さまざまな装飾的な類型の代表性を可能にするために、示された領土および年代順の領域にある教会と岩絵のサイトの重要なサンプルに焦点を当てました。 Opificio delle Pietre Dure が現場で獲得した長い経験は、診断調査の芸術的技術の知識に使用されています。異なる波長(赤外線、紫外線など)での光学検出技術に重ね合わせた表面をマッピングすることが可能です。 構成材料の化学的性質に関する情報を提供する非侵襲的なアドホック調査 (蛍光 X 線、Fors および比色分析、FT-IR など) を継続します。 次に、層序の知識と、炭酸化の技術的プロセスまたは分解の原因によって生成される化学合成の材料を目的とした化学調査(マイクロサンプル)によって研究を洗練します。

プロジェクトの実現のために、特に第一段階で、フィレンツェの Opificio delle Pietre Dure は、独自の技術的および科学的部門、すなわち壁画修復部門、科学研究所 (化学、物理学、微生物学) を設立しました。 、写真研究所。 また、通常協力している他のイタリアの研究機関や学術機関との調整も確実に行います。 一方、金沢大学は、経済管理と日本のハイテクの関与を調整する、東洋全体でユニークなイタリア壁画研究センターを特別に設立しました。

さらに、金沢大学は、その科学専門家のプロジェクトでの協力を通じて、漆喰の化学分析と、レーザースキャナーの技術を使用した建築空間と塗装された壁の表面の文書化に協力することで介入しました。 . . また、興味がある場合は、新しい照明システムの研究にも関心があります。 プロジェクト全体では、2010 年 4 月から 2011 年 3 月までの学年度で 3 億円の予算が予定されており、最初のバッチにはすでに 8,300 万円の資金が提供されています。

このプロジェクトのもう1つの目的は、最高の現代技術とこれらの場所の使用を組み合わせて、研究中と、おそらく将来のために、OLED(有機エレクトロニクス)照明、真の独自の照明革命、つまり、最小限の消費量で管理しやすく、バッテリーで簡単に充電でき、紫外線放射が非常に少ないという特徴もあり、記念碑や美術館の照明の新しいフロンティアを表しています。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です