グラメリーニ「日本は敗退したが森保が勝った」

著名ジャーナリストのマッシモ・グラメリーニ氏が森保監督の振る舞いを称賛

いつものコラムで Le café à la une de コリエレ デッラ セラ最大 グラメリーニ 技術コミッショナーに祝辞を述べた 日本 でのチャレンジ終了時の動作について クロアチア ペナルティで負けた:最初に彼は選手たちを一人ずつ慰め、次に彼らをグループとしてハランゲし、最後にサポーターのカーブの下を通り抜け、すでにほこりを払って消毒したと思いますが、これらのワールドカップの象徴的なイメージの1つとして残る弓を作ります. . 彼はジャックのように曲がり、関節炎のない人でも耐えられないほど長い間その位置を保持していました.

彼の国の非言語的規範によると、それは言い方でした:私はあなたを尊重します. ここでは、権利がなく、権利が多すぎるワールドカップで、これらのサポーター、これらのプレーヤー、およびこのコーチは、有名な「尊敬」が実際に何であるかについて常に話している多くの暴君を示しました: 人や物に対する、自分自身に対するそれも。 ファン、選手、そしてそのようなコーチ (ほぼ発音可能な名前、羽島守保) のおかげで、日本は 3 対 0 で善良な市民としての勝利を収めてワールドカップを後にします“。

Yamashiro Ietsuna

「誇り高き音楽愛好家。学生。Web 愛好家。問題解決者。インターネット専門家。フリーランスのゾンビ伝道師。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です