ゲストスターはロレンツォ・パッタ – サッサリニュース

東京オリンピックの 4×100 オリンピック チャンピオンは、かつてのサムヘオ カーニバルの偉大な主役となるでしょう。 オリスターノで生まれ育ったが、サムゲー人の父と母の短距離走者が彼の物語を語ります 2月5日日曜日の朝、MURATSのゲストによる日本での勝利の歴史と感情

最近の版では、サルデーニャのカーニバル マスクの重要な雑誌である A Maimone は、偉大なスポーツ チャンピオンの代名詞となっています。 カリアリの歴史的なキャプテンであるダニエレ・コンティとサルデーニャのサッカー代表チームの後、サムゲオの古代のカーニバルが2月5日日曜日に開催されます。彼は別のスポーツマンを迎えようとしていますが、今回はマンドロリサイの中心に彼がいます。

オリスターノで生まれ育ったが、父と母はサムゲース人であるロレンツォ パッタは、マイモネの第 26 版の特別ゲストです。 陸上競技のオリンピック チャンピオン (4×100 リレー) であるサルデーニャの短距離走者は、「私の東京、ロレンツォ パッタとのオリンピックの感情」の主役になります。

Sergio Loi と SkySport ジャーナリストの Valentina Caruso が主催するミーティングで、午前 11 時 30 分に MURATS (サルデーニャのテキスタイル アートのユニークな博物館) の会議室で、オリンピック チャンピオンは彼のスポーツのたとえ話と日本での勝利の感情を語ります。 Fiamme Gialle のアスリートと共に、チームメイトの Marcell Jacobs、Filippo Tortu、Fausto Desalu と共に Rising Sun で獲得したオリンピック メダルもあります。

「私はオリスターノで生まれ育ちましたが、両親の街であるサムゲオとは切っても切れない関係にあります」とロレンツォ パッタは認めました。 – 「m の最も美しい日々の感情を伝えることができてうれしいです。多くのファンの前での私のスポーツライフ。 日本では、このコミュニティの暖かさと活気を感じました。この愛情のすべてが、アスリートとしての成長と勝利に大きな役割を果たしました。 以前、A Maimone に観客として参加しましたが、毎年新しいものを提供する方法を知っている素晴らしいイベントです。 その一員になれたことを本当に光栄に思います。」

A Maimone 2023 プログラムは午前 10 時 30 分に開始され、シモーネ ピサーノが主催するマスクに関する会議が行われ、続いて午前 11 時 30 分に「私の東京、オリンピックの感情とロレンツォ パッタ」が続きます。 ただし、午後には、午後 4 時からマスクのクラシック レビューが行われ、その後、マッシモ ピツァリスとのダンスが続きます。 以前のエディションに沿って、イベントへの参加は観客にとって完全に無料です。

Kawasaki Michinori

「ベーコンマニア志望。受賞歴のある学生。インターネット開業医。アルコール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です