コミック専用のライブラリの新しいセクション。

Roccavaldina – Casa Vermiglia にある市立図書館の新しいセクションが、Roccavaldina で発足しました。 完全にコミック専用の非常に特別なスペース。

サルヴァトーレ・ビサリ市長が率いるロッチャ政権から得た融資のおかげで、新しい本を購入することができました。 そのため、カサ ヴェルミリア図書館のこの新しいセクションを漫画に捧げることが決定されました。 したがって、本の芸術のこの重要な部分を引き出し、強化するために、子供たちに適したスペースです。

Casa Vermigliaの敷地内には、すでに子供向けのサービスがあります。 これは、公務員の少年たちの助けを借りて宿題を手伝う午後です。 一方、将来的には、自治体が資金を提供する子供向けのワークショップが来月から開始される予定です。 コミックと児童書専用の図書館のセクションを設置するという決定は、この観点の一部です。

「カサ ヴェルミリアは現在、完全に子供専用のスペースになっています。 宿題の手伝いや将来の実験室など、子供向けの他の活動もそこで行われるため、ここに漫画専用の図書館の新しいセクションを設置することが決定されました. 子どもたちが本を読んだり、宿題をしたり、ワークショップに参加したりできるスペース。 これらの活動はすべて、子供たちの社会化にとって特に重要です。

12月19日月曜日に就任式が行われました。 この機会に、コミックに関する短い討論が行われました。 ビサリ市長、シモーナ・ポリーノ、ルクレツィア・ピライノが作品を発表しました。 「世代の漫画」について語ったマルコ・チッチョに介入する。 イタリアにおける日本のアニメーションのノート」。 代わりに、アニタ・マンガノは「リアリティコミックの作成と公開」について話し、フランチェスコ・ベルティーノは「コミックのための私の王国」と題したスピーチを行いました.

Kitagawa Momoko

「一般的な思想家。クリエーター。微妙に魅力的なビール ファン。情熱的な旅の達人。作家。コーヒーの忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です