サンソフト、ティーザートレーラーが復帰を発表

サンソフト 非常に短いものを公開しました トレーラー 彼を発表するのにわずか7秒 戻ってくる 何を言っているのかわからない人のために説明すると、これは歴史ある日本のソフトウェア会社で、過去にいくつかの注目を集めたタイトルを担当しています。 明らかに、過去と現在が融合するこの時代に、誰かが Sunsoft の知的財産が現代のゲーム システムにもその場所を占めることができると考えたでしょう。

ご覧のとおり、ビデオは基本的にアニメーションのみを示しています ロゴ. ただし、日本では、発表には、最初に戻ってくるタイトルが何であるかを示唆するいくつかの画像が付随していました.



これらは復活したサンソフトの最初のタイトルですか?

最初は もの!、もともとNESでリリースされました。 非常に高度でよくできたゲームでしたが、16 ビット コンソールの発売によって影が薄くなりました。

2つ目は 一輝、日本でクソゲーという用語が発明されたように見えるゲーム、つまりジャンクゲーム。 イラストレーターの三浦淳さんが一輝を個人的に描いたり、本の中で使ったりしたのは初めてのようです。 ゲームもまったくひどいものではありませんでしたが、三浦は主人公が1人しかいないという事実が好きではありませんでした.

3つ目のタイトルは アトランティスの謎、またクソゲ(サンソフトは、最初の不満の後、実際にゲームに多くの宣伝をもたらした用語を受け入れました). これは非常に難しいプラットフォームであり、特に優れているわけではありません。

実際、Sunsoft の非常に大規模なカタログを考慮すると、復帰を告げるタイトルの選択はかなり奇妙です。 その下には明らかに戦略があります。 ただし、重要なことは、約束を守ること、つまり、特定の古いゲームをやり直すことです。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。