ザポリージャを保存 | ボーライブユニPD

ウクライナでの戦争は、原子力発電所の安全性に関する議論を再開します化石燃料、特にガスの価格高騰が、核分裂によるエネルギーの役割を復活させているように。 参照は明らかに ザポリージャの中心ヨーロッパ最大であり、世界最大級の 1 つであり、最近のウクライナ軍とロシアの侵略者との間の戦闘シーンです。

キエフは当初、発電所の周囲に 30 キロの安全ベルトを設置するために、発電所の使用を中止するよう求めていましたが、後にロシア軍に占領され、軍事作戦の基地としても使用されました。 プーチンも狙ってる それを拾う ウクライナの電力網の それをロシア連邦のものに接続すること:この操作はセキュリティの観点から非常に危険であり、何百万もの家庭や企業の電力を奪うことにもなります.

その結果、施設はここ数週間、爆撃や爆発に巻き込まれています。 これにより、保護システムと電源システムが損傷する可能性があります。 警鐘を鳴らした事態 国連アイエア最後は誰だ 成功 独自の検査官を派遣します。 しかし一方で、ウクライナの反撃が発表されたことで、チェルノブイリ事故から 36 年後に新たな大惨事が起こることを多くの人が恐れている。

チェルノブイリは一連の過ちと不適切な行動が引き起こした:現在の状況とは明らかに異なる状況“、 説明 マルコ・カゾリーノInfnの放射線専門家および上級研究員、および日本の研究センターの共同研究者 理研. 「ザポリージャの原子炉は、チェルノブイリの古いグラファイト RBMK とは大きく異なり、爆発的な化学反応を起こしやすい。 しかし、放射能漏れのリスクがあるかどうかという質問であれば、答えは明らかにイエスです。 現在、工場はロシア人が占拠しているが、ウクライナ人のスタッフが運営しており、銃を向けられ、過酷なシフトで働いている。 このような状況下では、エラーが発生する可能性がありますが、可能な限り原子炉の停止につながるはずです。」 砲撃は別の問題です。「エンベロープは航空機の衝撃に耐えるように設計されていますが、ミサイルは別のものです。 最大のリスクは、原子炉または使用済み燃料棒が冷却されるプールが影響を受けることです。

放射線漏れは制限されるべきですが、それでも懸念事項があります -物理学者を続けます-。 もちろん、ロシア人とウクライナ人は互いに非難し合っていますが、この重要な要素が認識され、管理下に置かれることが重要です。 また、風がどこで吹いているか分からないため、焦土を作ることは誰にも適していません。放射能はロシアまたはロシアが支配する地域にも到達する可能性があります。 モスクワはそれ自体が核保有国でもあり、戦略的および戦術的な弾頭を持っており、抑止力としての事故やプラントの妨害行為を必要としないはずです。 このため、現時点では適度な楽観論を表明できると思います。IAEAの査察は、元に戻すのが難しい特定の一線を越えたくないという優れた兆候です。」


さまざまな問題を抱えた原子力発電は、依然として地球温暖化対策の基本です

何よりも、戦争は問題のある危険な原子力部門のイメージを回復させる危険性があります必然的に兵器に関連するだけでなく、 最近のニュース イランのウラン濃縮について。 しかし、Casolino はこれに同意せず、2 度と触れることのない共通の起源を持つ直交する線のイメージを使用します。 「世界中のすべての発電所を閉鎖したとしても、核兵器は残るだろうし、その逆もあるだろうと彼は指摘する.原子炉では、すべての努力はエネルギーを制御して封じ込めることを目的としているが、爆弾ではそれは正反対だ.もちろん、発電所は軍事用原子力に必要な同位体を生成するためにも使用できますが、これはすべてに当てはまる言説です: 石油と水素からさえ、燃料と爆発物の両方を得ることができます. 科学と技術はそのままです.同じように、人々はそれをどうするかを決定します。」

原子力発電は、化石燃料で直面する問題の解決策となるでしょうか? “原子力発電所を建設するには、10 年かかります。 地球温暖化. 結局のところ、エネルギーのコストは昨年すでに上昇し始めていました。 地球温暖化について言われてきたことはすべて真実であることが時間が証明されています。 さらに、今日、それはすでに全人口に影響を与えており、ウクライナでの戦争自体よりも多くの人々を殺しており、将来的にはおそらくさらに悪化するでしょう. このため、核エネルギーはあらゆる問題を抱えていますが、最良かつ最もクリーンな解決策の 1 つです。 実際、それは強力な核力を利用しており、エネルギーを生成するために使用する他の化学的および物理的力よりも何百万倍も強力です。」 ドイツ政府でさえ、 戻る 「核分裂を放棄するというイタリアの選択は議論の余地があるが、批判に対してさらにオープンなのはドイツだ。ドイツはクリーンエネルギーのためではなく、ロシアからさらに多くのガスを輸入することを決定した」とCasolinoは結論付けている。 -。 福島後、日本でさえ原子力発電所の活動を停止したが、現在は再開しているが、その間に再生可能エネルギーにも大きな後押しが与えられた. 私の意見では、現時点では、常に再生可能エネルギーを伴う原子力発電が、生態学的レベルで唯一の解決策であり続けています。 それがなければ、それは本当に難しいでしょう。」

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。