ショルツ氏は、意思決定メカニズムを簡素化するために EU を改革したいと考えています。 しかし、そのような重要な瞬間に操作は困難です (C. Meier)

ドイツのオラフ・ショルツ首相は、EU 加盟国に対し、外交政策と予算の問題を全会一致ではなく多数決で決定し、個々の国の拒否権による麻痺を回避するよう求めており、ブリュッセルは新加盟国を歓迎する準備をしている。
ショルツ氏は本日プラハで行うスピーチのテキストで、ドイツの EU 拡大へのコミットメントを強調し、西バルカン諸国、ウクライナ、モルドバ、そしておそらくグルジアも EU に参加すべきだと繰り返し述べた。
しかし、「この拡大された連合では、加盟国間の違いは、政治的利益、経済的重み、社会保障制度において増加するだろう」とショルツはテキストで述べた。
「今日全会一致が必要な場合、ある国が拒否権を行使し、他のすべての国が前進するのを妨げるリスクは、新しい加盟国ごとに増加します」と彼は付け加えました.
「したがって、私は共通の外交政策だけでなく、財政政策などの他の分野でも多数決への段階的な移行を提案しており、これがドイツにも影響を与えることを十分承知している」と彼は付け加えた。

多数決は、制裁政策や人権問題など、「声を揃えて話すことが特に重要」な分野で導入される可能性がある
ショルツの口頭での開始は、欧州条約の改革を前提としており、実行された場合、EU のすべての政治機関の参加を得て、共同体フェーズの開始が必要になります。単一の加盟国から。 最後に、国内法に基づく加盟国の批准からなる国内段階です。

その間、ドイツのショルツ大統領は、特に短期的には具体的な答えを国に提供する必要があります。実際、秋にはエネルギー価格が再び上昇し、多くの企業にとってリスクが伴い、必然的にドイツの産業システムの生産性。 疑問符は尽きません。一部のアナリストは景気後退を予測しています。ベルリンは、国際的な緊張と困難な経済状況により、ユーロ圏への輸出をすでに大幅に削減しています。 社会的緊張が高まるリスクがありますが、ドイツ政府は最近、ガスの付加価値税をほとんどまたはまったくゼロに引き下げることに着手しましたが、ドイツのコンフィンダストリア (BIDI) が代わりに、より的を絞った企業向けの措置を求めていることを考慮して、下層階級に影響を与える。

クリスチャン・マイヤー

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。