シリーズの監督であるヴィンランド・サガが日本のアニメ業界の現状について語る

10月30日にツイッターに投稿されたスレッドで、監督は 薮田修平 (彼の作品で知られています ヴィンランド・サガ犬屋敷) は、日本のアニメーション業界に対する苛立ちを込めて語った。 投稿の中で、薮田は率直に批判することで、彼らの問題を表明しました。

監督の考えの出発点は、 ワンパンマン、彼は彼のプロフィールで共有しました。 英語で書かれたビデオのキャプションでは、ファンがアニメの続編(数か月前に発表された)を待つのにうんざりしていたために、マンガの最後の物語の弧の1つを単独でアニメーション化した方法を説明しています.以前)。

薮田氏は、この動画がファンの「満足」の基準を表すものであるとスレッドを開始し、これまで業界が何十年にもわたって道をたどってきたという考えを提示しました。私たちは30年から40年も同じことをしてきましたが、それは正しいことだからではなく、職人技と個人主義の悪さの結果なのです。 残念ながら、私はワンパンマンのことではなく、業界全体のことを言っているのです。 現状の日本のアニメーションはクリエイティブではないということを認識し、より広い市場で勝てる力を養うために、新しいことに挑戦できる職場環境を作ることに力を注ぐ必要があります。“。

薮田は続けて、制作は個人の仕事ではないことを指摘し、業界で働く老若男女を批判しましたが、サーカス“:”アニメーション作品の制作は個人の仕事ではなく、サーカスです。 一つのビジョンを共有せず、高品質を目指すなら、肩書きは使わず自分でやるべき。 愚痴をこぼして先に進まないお年寄りや、もっとハートを稼ごうと目がくらんでいる若者にはうんざりしているので、今の仕事が終わったら何かに挑戦したいです。少しずつ。“。

このスレッドにはユーザーからいくつかの反応が寄せられており、今日、薮田は英語で感謝の意を表したいと考えていました。 それから彼は、みんなの意見を使って未来の魂を作ると指摘した.

ソース: 1 | | 2.

Kitagawa Momoko

「一般的な思想家。クリエーター。微妙に魅力的なビール ファン。情熱的な旅の達人。作家。コーヒーの忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です