ジュゼッペ・ペリコーネは、空手の普及を通じて日伊間の友好を促進したとして表彰されました

ローマ、2022 年 10 月 15 日 – 本日、式典が行われました ジュゼッペ・ペリコーネに名誉「旭日小綬章、ロゼット付き金の光線」を授与FIJLKAM名誉会長。空手の普及に功績が認められ、日本とイタリアの友好関係の強化に貢献した。

日本大使館ひいては日本政府を代表する広田つかさ代理大使は、FIJLKAMでのますますの活発な活動を願って巻物を手渡し、装飾をそれに貼り付けました。

ペリコーネ教授の言葉は次のとおりです。 「大臣と日本政府が私に与えてくれた栄誉に感謝します。50年近くの学校教育、教師および監督としての教育、そして70年近くのスポーツ生活の中で、私は多くの賞、証明書、メリットを受け取りました.しかし、このような表彰は、千年の歴史、文化、文明の国から来ているため、他の受賞者よりもはるかに重要です. 何年も前に私の兄弟に同じ賞が与えられたことに、なおさら感謝しています.

Covidのすべての犠牲者と、このパンデミックに取り組んでいるソーシャルワーカーとヘルスワーカーに捧げたいと思います」。

日本の大臣の出席を光栄に思います – ドメニコ・ファルコーネ大統領を追加 – ジュゼッペ・ペリコーネ教授は、イタリアと日本をこれまで以上に近づける機会を与えてくれた彼のスポーツと文化活動に感謝しています。 過去に、モリコーネからダチア・マライーニまで、イタリアの著名人、2009年のマッテオ・ペリコーネ、2013年のフランコ・カペレッティに栄誉が支払われたことを思い出します。」

この栄誉の授与は 2021 年 4 月にすでに発表されていましたが、パンデミックによる必然的な遅れの後、今、それを封印することが可能になりました。

日本では、国や公益のために尽力したり、社会のさまざまな分野で顕著な功績をあげた人に対して、国家レベルでの功績や功績を認め、顕彰することを目的とした表彰制度が設けられています。装飾とメダルの授与でそれらを。

大統領が思い出したように、ロマーノ プロディ (2012)、ダチア マライーニ (2017)、エンニオ モリコーネ (2019)、ジョルジオ アミトラーノ (2021) など、過去に複数のイタリア人が受賞しています。

しかし、FIJLKAM の世界では、2009 年にマッテオ・ペリコーネが「イタリアでの日本の武術の普及と促進への貢献」で、2013 年にフランコ・カペレッティが「柔道の国際的普及への貢献で」、そして武道を通じてイタリアと日本の文化交流を促進することを約束します。」

ジュゼッペ・ペリコーネは、2012 年から今日まで FIJLKAM の名誉会長であり、1995 年から 2012 年まで連邦副会長、1988 年から 2010 年まで WKF (世界空手連盟) の副会長、EKF (ヨーロッパ空手連盟) の副会長でした。日本政府は、1989年から2019年まで地中海空手連盟の会長を務め、1997年から2011年まで地中海空手連盟の会長を務めました。したがって、日本政府は、この重要な認識を通じて、ペリコーネ教授の強いコミットメントを確認したいと考えました。ルール、エチケット、個人のトレーニングを中心とした分野としての空手の普及と強化において、アスリートの安全を確保するためにも努力しています。 彼の貢献のおかげで、イタリアで実践者の数が大幅に増加しただけでなく、柔道と同じように武道を表すことができるスポーツ競技としての空手の意味合いが大幅に改善されました.」。

知るために 日本政府から授与されたすべての栄誉 大使館のウェブサイトにアクセスします。

Yamashiro Ietsuna

「誇り高き音楽愛好家。学生。Web 愛好家。問題解決者。インターネット専門家。フリーランスのゾンビ伝道師。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です