ジュニアワールドカップを締めくくった。 D6. サラ カーティス、アレックス サバタニ、混合女子 4×100 シルバー。 ビアジョッティとベトラーノがブロンズ。 イタリアの20個のメダルは記録です。

6 日目 – 9 月 4 日(日)

決勝戦

男子 100m フリー

ルーマニア人選手のもう 1 つの並外れたパフォーマンス デビッド・ポポビッチ、47.13 (22.86) のタイムで常にマイナーの勝利。 世界の水泳の歴史の中で前例のないパフォーマンスの密度。

表彰台

  • 1) ポポヴィッチ デビッド (ROM) 47.13
  • 2) HRIBAR Jéré (CRO) 49.37
  • 3) アントニウ・ニコラス (CYP) 49.91
    • 8) ラザーリ・フランチェスコ (ITA) 50.49

200 フロッグウーマン

スペインはジュニア世界選手権での勝利で女子ステージの最前線に戻る. エマ・カラスコ (02/26/93) および男性部門における絶対的な名声の他の結果。

表彰台

  • 1) カラスコ カデンス エマ (ESP) 2.26.93
  • 2) 楠田夢乃 (JPN) 2.29.62
  • 3) COSKUN Defne (TUR) 2.29.85

200バックメン

南アフリカが達成した世界最高のシーズンのパフォーマンス ピーター・コッツェ (1.56.05) 優勝新記録、日本銀2秒超え 竹原秀和 そしてポールのブロンズ クサウェリー・マシューク 50 背泳ぎと 100 背泳ぎの優勝者であり、雑誌で最も成功したアスリートです (4 つの金メダルと 2 つの銀メダル)。

表彰台

  • 1) コッツェ・ピーター (RSA) 1.56.05
  • 2) 竹原秀和 (JPN) 1.58.22
  • 3) マシュー・クサウェリ (POL) 1.58.55

100 バタフライウーマン

表彰台から青 パオラ・ボレッリ そしてジュニア世界チャンピオン アンナ・ポルカリそれぞれ 4 位 (1.00.49) と 7 位 (1.00.89) で、日本人が勝ちます。 平井美月 (59.53)。

  • 1) 平井美月 (JPN) 59.53
  • 2) ベゼラ・ベアトリス (BRA) 59.69
  • 3) ヤン・ハジョン (KOR) 1.00.10
    • 4) ボレッリ パオラ (ITA) 1.00.49
    • 7) ポルカリ アンナ (ITA) 1.00.89

1500人のフリースタイルの男性

スペインは依然として表彰台のトップステップにあり、 カルロス・ガラック・ベニート 今日の800mで1500m自由形で獲得した金メダルを繰り返します。 私たちの主力製品の6位 フィリップ・ベルトーニ (15.35.48) 非常に長く満足のいくシーズンを締めくくります。

表彰台

  • 1) ガラック・ベニート・カルロス (ESP) 15.08.14
  • 2) ガリチ・ラズロ (HUN) 15.12.71
  • 3) STANCU ヴラッド・ステファン (ROU) 15.17.97
    • 6) ベルトーニ・フィリッポ (ITA) 15.35.48

50 ウィメンズ フリースタイル

フリースプリントで見事なブルーオピエッテ サラ・カーティス 彼女の代表チームメイトより先に銀メダルを獲得したのは誰ですか マチルド・ビアジョッティ ブロンズの表彰台、25.53 と 25.60、今日の最速はルーマニア人でした ビアンカ・アンドレア・コステア (25:35)

表彰台

  • 1) コステア ビアンカ アンドレア (ROU) 25.35
  • 2) カーティス・サラ (ITA) 25.53
  • 3) ビアジョッティ・マチルデ (ITA) 25.60

200バタフライメン

世界最強のバタフライ ツインズがレースを支配し、彼が勝利 Krysztof Chmieleweski ナイスタイムトライアル(1.55.76)で兄のマイケル(1.57.69)に先んじて、日本人3位。 上川端永 (1.58.37)。

表彰台

  • 1) クミレフスキ・クシシュトフ (POL) 1.55.76
  • 2) クミレフスキー ミハル (ポーランド) 1.57.69
  • 3) 上川端 英 (JOPN) 1.58.37

フロッグマン50体

50 フロッグのイタリアの伝統は、 アレックス・サバタニ (28.21)、現在、セルビアの勝者の 27.70 には届かない ウロス・ジバノビッチ. 表彰台の 3 番目のステップで、ダブルディスタンスのオーストリアの勝者 ルカ・ムラデノビッチ (28.32)。

表彰台

  • 1) ジバノヴィッチ・ウロス (SRB) 27.70
  • 2) サバッタン・アレックス (ITA) 28.21
  • 3) ムラデノビッチ ルカ (AUT) 28.32

200 ウィメンズ フリースタイル

ハンガリー人は 100 ~ 200 倍の無料 ニコレット・パダーこの世界選手権で最も成功したアスリート (金メダル 5 個) は、同胞を 1.58.19 上回って今日優勝します リラ・ミンナ・エイブラハム (1.58.23) と私たちのもの ジュリア・ベトラーノ このレビューの5番目のメダルである3番目のブロンズで、1.59.54の距離をカバーしました。

表彰台

  • 1) パダー・ニコレット (HUN) 1.58.19
  • 2) アブラハム リラ ミンナ (HUN) 1.58.23
  • 3) グラス・ジュリア (ITA) 1.59.54

4 × 100 男性混合

無敵のポーランドが驚くべき南アフリカに先行し、フランスとイタリアが 6 位につけています。

  • 1) ポーランド 3.40.17
  • 2) 南アフリカ 3.42.95
  • 3) フランス 3.43.68
  • 6) イタリア 3.45.92
    • ラザリ フランチェスコ 57.41
    • サバッタニ アレックス 1.03.94
    • イライジャ・カワード 54.16
    • 精度 最大 50.41

4 × 100 混合女子

エンターテインメント イタリアは 3 度目の世界ジュニア タイトルから一息、47 セントは非常に強い日本代表チームの金メダルから私たちを隔てています。 彼らの 4.06.44 対私たちの 4.06.91。 ポーランドは3位。

表彰台

  • 1) 日本 4.06.44
  • 2) イタリア 4.06.91
    • カーティス・サラ 1.03.14
    • MATI アイリーン 1.08.74
    • ボレッリ パオラ 59.78
    • BIAGIOTTI マチルダ 55.25
  • 3) ポーランド

バッテリー

  • 200 DO U – 1) 竹原秀和 (JPN) 1.59.07
  • 200 RAD D – 8) マティ 2.37.28 Q
  • 200 FA U – 1) クミレフスキ クシシュトフ (POL) 1.59.27
  • 200 SL D – 1) ベトラーノ 2.02.00 Q、16) クアッジオ 2.06.92
  • 4 × 100 MX U – 5) イタリア 3.49.22 Q
    • SPEDIACCI シモーネ 57.39
    • サバッタニ アレックス 1.05.02
    • ラガイニ アレッサンドロ 56.06
    • デビッド 50.75
  • 4 × 100 MX D – 1) イタリア 4.10.33 Q
    • カーティス サラ 1.03.48
    • MATI アイリーン 1.09.18
    • ポルカリ アンナ 1.01.53
    • マリーナ カップ ハンター 56.14
  • 1500 SL U レンズ シリーズ – ベルトーニ (第 1 シリーズ)

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。