スカロニ「ガソリン価格の上限設定は不可能」

Eni と Enel の元 CEO、Paolo Scaroni は、 マスコミの取材を受けました「イタリアは供給よりもコストの上昇を懸念する必要があります。エネルギーの移行は良好ですが、炭化水素を置き換えるには非常に長い時間がかかります。」 「北の国々も最終的に支配する市場もそれを望んでいないので、ガス価格の上限は達成不可能です。
とりわけ、欧州は、危機が終わった後でも価格が最高値になることを避けるために、将来のエネルギー政策について考えるべきだ」とスカローニ氏は述べた。
「しかし、メタンが枯渇するとは思いません。」

スカローニ氏は黒字化の兆しを見ていない。「ロシアとの通商関係の経験から、通常、モスクワは言うことを実行すると教えてくれる。ガスプロムは、物資の完全な中断、せいぜい『流れの減少』については一度も話したことがなかった。イタリアはそうしていると確信している」供給について心配する必要はありませんが、価格について」. そして彼は Cingolani の仕事を高く評価しています:今日は一日で、他のサプライヤーに問題はなく、冬は特別な制限なしに通過します.私がチンゴラーニだったら、私はそうすると思うので、緊急時対応計画を準備します.」

プライス キャップの話に戻りますが、これは最終的に請求書に反映される実際の災難であり、スカロニ氏は次のように述べています。 とりわけリスクは、メタンが日本、韓国、または中国で世界中の他の買い手を見つける可能性があるため、問題が解決されないことです。 この場合、ヨーロッパは本当に置き去りにされます。 企業が支払った価格と最終的に請求書に記載される金額との差額に課税することを決定するのは別ですが、ここでは州が支出できる能力を理解する必要があり、もちろんそれは別の問題です.
未来について、スカロニは現実感を求めます。 「グリーンディールは正しい方向への一歩であり、原則として、ロシアのガスを取り除き、エネルギーの自立を達成したいという願望と矛盾するものではありません。 非常に長い道のりです。 グリーンディールは、実用主義がほとんどなく、エネルギー転換の長い時間を十分に考慮せずに、いくぶん理論的な方法で構築されたと信じています。」

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です