スキー ジャンプ、ヒンターツァルテン ワールド カップ 2023。少なくとも 600,000 ユーロの損害と 2 年の損失の後、アクションに戻ります! – OAスポーツ

週末の休暇の後、アスリートが日本への長い旅行の後に息を整えることができたので、かつては摂理的でした。 女子ワールドカップスキージャンプ ヨーロッパに戻る。 週末には、 ヒンターツァルテン (ドイツ)、特異な出来事のために、5年間の豊富な不在の後、カレンダーに戻ってきた場所.

バーデン ヴュルテンベルク地区のスキー ジャンプ台、 ロートハウスシャンツェ、1980 年代初頭に建設され、2 つの主要な改修が行われました。 最初の 1999年2番目の 2020年. 後者は、彼らが十分に割り当てられていた 250万ユーロ、しかし、前代未聞の災難に見舞われました。 介入を終了する時点で、信じられないほどのギャップ. 単純化しすぎて、新しいレールはトランポリンのプロファイルに対応していませんでした。 したがって、それは当然のことでした 犯罪を正す少なくとも 600,000ユーロ操業再開を2冬遅らせるだけでなく!

7 かつてのロートハウス シャンツェで開催された女子大会では、4 人の異なる勝者がおり、そのうちの半分は現在も活動中です。 サラ 日本 高梨 彼女は自分に課した 3 時間 (1 月と 12 月に日本の勝利を収めた 2 つの異なる季節ではありますが、すべて 2013 暦年)。 代わりに、2017 年 12 月に、それはノルウェーの Maren でした。 ルンドビー 成功を誇る。

2022-2023 女子スキー ジャンプ ワールド カップのランキング: エヴァ ピンケルニッヒは 1000 を超え、ますます上手にマスターします

視野を広げる ai 表彰台私は 現在アクティブなジャンパーが、 最初の 3 つ. このランキングの誰もが認める女王は、トップ 3 の座を一度だけ逃した高梨沙羅です。
6 (3-2-1) – 高梨沙羅 [JPN]2 (0-1-1) – AVVAKUMOVA イリーナ [RUS]1 (1-0-0) – ルンビー・マーレン [NOR]1 (0-1-0) – IRASCHKO-STOLZ ダニエラ [AUT]1 (0-1-0) – アルトハウス・カタリーナ [GER]1 (0-0-1) – ザイフリーズベルガー ジャクリーン [AUT]

視線を違うものに向ける 国民運動日本が最も裕福な実績を持っていることは驚くことではありません。
6 (3-2-1) – 日本
5 (2-2-1) – アメリカ
2 (0-1-1) – ロシア
2 (0-1-1) – オーストリア
2 (0-1-1) – ドイツ
1 (1-0-0) – ノルウェー
1 (1-0-0) – スイス
1 (0-0-1) – イタリア
1 (0-0-1) – フランス

だから表彰台もイタリア. それは 3位 驚きました リサ・デメッツ 1月7日 2012年 史上最もクレイジーなレースの 1 つに。 それにもかかわらず、この結果は当然のことながら歴史に名を残しました。 最初の 3 つ トップ女子サーキットでブルーに拾われました。

写真:プレス

Kawasaki Michinori

「ベーコンマニア志望。受賞歴のある学生。インターネット開業医。アルコール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です