スコットランド:生理用ナプキンを無料で配布した世界初の国

スコットランドは、生理用ナプキンと月経周期製品を女性に無料で提供する世界で最初の国になる. 8 月 15 日に、これに対抗する法律が施行されました。 貧乏時代つまり、女の子や女性が生理のときに生理用ナプキンを買うことができない貧困状態であり、 薬局や青少年センターなどの公共施設、学校や大学 (既に提供されている場合) これらの製品を大規模に無料で配布します。 この法律は、2019 年に欧州議会議員のモニカ レノンによって導入され、2020 年 11 月に可決されました。最近施行され、スコットランドは世界で初めてこの形態の保護を女性に提供する国になりました。 レノンのツイッターでのハイライトタンポンやその他の月経用品は、スコットランドのコミュニティで長い間無料で入手できました。

ツイッターの内容

このコンテンツはウェブサイトでもご覧いただけます から来た の。

多くの国が、月経中の女性をよりよく保護するための措置を講じています。 ブラジルでも同様の措置が承認されていますが、これは困難な状況にある女性のみを対象としています。 スペインでは、政府が法案にゴーサインを出しました。 3日間の有給休暇 月経周期中または妊娠終了後。 また、医師の監督下で、休暇を取得する場合があります。 特に衰弱している期間の女性の場合、最大5日間延長されます. そして最後に、プロジェクトにはVATの削減 店舗での女性用衛生用品、学校や教育センターでの生理用ナプキンやその他の月経用品の無料配布について。

ベトナム、韓国、台湾、中国、日本女性はすでに 生理中の有給休暇、しかし、西側諸国でそのような法律を制定したことはありません。 イタリアでは、この趣旨の法案が 2016 年に提出されましたが、承認されることはなく、忘却に終わりました。 昨年、生理用ナプキンの付加価値税が 22% から 10% に引き下げられましたたとえ団体や特定の政治団体の目標が、基本的な必需品の 4% に到達することであるとしても。 オーストラリアやインドを含むいくつかの国では、生理用ナプキンの VAT が完全に廃止され、ヨーロッパでは、イタリアのしきい値は引き下げられたものの、依然として最高水準にとどまっています。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。