セレスティーノ・ビエッティ・ラムスの日本初フリー走行

セレスティーノ・ビエッティ・ラムスの日本初フリー走行。 ムーニー VR46 レーシング チームのドライバーは、金曜日の唯一のプラクティス セッションを 21 位と 22 位で終えました。

セレスティーノ・ビエッティ・ラムスの日本初フリー走行

日曜日にモテギのモビリティ リゾートで開催される日本 GP 中のムーニー VR46 レーシング チームにとって、唯一のフリー プラクティス セッションの最後の数分で雨が降る、不安定な天候の 1 日目 (現地時間 6 日午後 1 時 20 分) :20 a.m. CET ed.)。 トラックから 40 分以内に、Moto2 のこのトラックのルーキーであるセレスティーノ ビエッティ ラムスとニッコロ アントネッリが、それぞれ 21 位と 22 位に到達しました。

アラゴンでの複雑な週末を終えたばかりのセレスティーノは、カレックスで正しい感覚を見つけるために取り組んでいます。 ベストタイムは 1:52.573 で、明日の朝に予定されている練習で決まる Q2 に入るまでに 0.8 秒の差があります。

セレの気持ち

ここもてぎのMoto2の新人として、最強グループに近いと思っていました。 トラックのコンディションは少し変で、思い通りに走るのに苦労しましたが、これは私が本当に好きなトラックへの最初のアプローチに過ぎません。 データに戻って、Q2が決まる明日の朝のセッションに向けて動いてみよう。

Kawasaki Michinori

「ベーコンマニア志望。受賞歴のある学生。インターネット開業医。アルコール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。