ソニーの車が公道を走る日は来るのだろうか?

読書の時間: 2

路上で見かける可能性 ソニー車 それらはこれまで以上に具体的に見えます。

すでに 2 つの概念を提示した後、 ヴィジョンズ01 そしてその ビジョン-S02、 日本の家

実際、ソニーの内部部門の創設を発表しました。 ソニーモビリティ株式会社 この中で とのパートナーシップ ホンダ彼は自動車部門と関連する市場評価を担当します。 さらに、彼はロボティクス部門も率い、相棒、 ドローン開発プロジェクト、すなわち エアピーク. 要するに、私たちは 2025年 おそらく、これらの車両のいずれかを購入することが可能になるでしょう。 概念.

ヴィジョンズ01

これ ソニー車 オール電化のクーペです。 エレガントでミニマルなデザインは、市場に出回っている他の有名なドイツのモデルを連想させます。 の2つの電動モーターを搭載 272馬力 1 つは前に、もう 1 つは後ろに配置され、 100km/h 4.8秒 と最高速度 240km/h 約。

ただし、最も興味深い側面は、インテリアと、これらが乗客に提供する必要がある体験です。 の使用に基づく真の技術の宝石です。 5G 内部接続とエンターテイメントを最適化します。

パノラマ スクリーンのシステムのおかげで、後部座席にも取り付けることができます。

付属のストリーミング サービスのおかげで、豊富なコンテンツをお楽しみいただけます。 さらに、私たちは、その名声に忠実であるソニーについて話しています。 ソニー車 それさえ可能になる ビデオゲームをする プレイステーション用. 旅行体験は、彼らが公式のコンセプトで続けているものであり、 360度サウンドシステム これらの車の中で過ごすすべての瞬間を没入感のあるものにする方法を誰が知っているでしょう. ソニーによると、「このシステムは、退屈な旅をエキサイティングで贅沢な体験に変えます。」

ヴィジョンズ02

これはバージョンです 見た s-01 から。デザインはソニー車のクーペ バージョンの息子であり、同じ技術的基盤と前述のエンターテイメント システムも備えています。 違いは寸法にあり、高い車輪と 4.8 m のボディで、実際には最大 7 人の乗客を収容することができます。 ここでも、エンジンシステムは妹のものと同じですが、Vision-s 02のより高い重量に関連して、宣言された最高速度よりもわずかに高い宣言された最高速度を達成できます 時速180キロ。

では、ソニーの車はいつ登場するのでしょうか?

によって製造されたソニー・カーに関する次の発表を注意深く待つだけです。 株式会社モビリティ 今のところ、すべての意図と目的から市場にデビューする準備ができている提案のように見えるものは、実際にはまだかなり明確な見方です.

Kitagawa Momoko

「一般的な思想家。クリエーター。微妙に魅力的なビール ファン。情熱的な旅の達人。作家。コーヒーの忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です