ソニーは「900万人の消費者を奪った」として訴えられた

防衛策を講じなければならない日本企業に対する強い非難

これらは簡単な時間ではありません ソニープレイステーション. 日本の会社 彼女は 900 万人の消費者を「盗んだ」として 50 億ポンドの訴訟を起こされた. この告発は、 アレックス・ニール、消費者の権利を扱い、会社の費用でまとめて立ち上げられました。 場合によっては、 ソニー 力を悪用してプロモーターに不利な条件を課すことで、競争のルールに違反し、消費者に価格を押し上げることになります。

ソニーは50億ポンドで訴えられた

訴訟の本文には、日本企業が、 デジタル ゲームと PlayStation Store での購入が 30% オフ 一般に。 その結果、消費者は全体的に約 50億ポンド 彼らの購入について。 また、原因によっては、それ以降にデジタル ゲームやアドオンを購入した人 2016 年 8 月 19 日 補償を受ける権利がある:1人あたりの推定被害額は 67ポンドと562ポンド興味の有無にかかわらず。

ソニー プレイステーションでプレイする時が来ました。 この訴訟で、より高い代償を払わなければならなかった英国の何百万人もの人々を守りたい. ソニーはその地位を乱用し、顧客を奪ったと考えています.

ビデオ ゲームは現在、テレビ、映画、音楽を抜いて、英国で最大のエンターテイメント産業です。 多くの脆弱な人々は、コミュニティを構築し、他の人々とつながるためにビデオ ゲームに依存しています。 それを買う余裕のない何百万人もの人々がソニーの株にお金を払っています。特に今、私たちは生活費の危機の真っ只中にあり、消費者のポケットはかつてないほど逼迫しています。“。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。