タカの12月:日本でさえ金利のタブーを破り、株式市場は下落

FRB、特に ECB が予想以上に断固たる動きを見せた後、非常に敏感になった市場では、ハーフショックを引き起こすのにほとんど時間はかかりません。 そして日銀も同じことをしました。もちろん明らかにわずかな逸脱でしたが、投資家はそれを見逃すことはありませんでした。

実際、東京中央銀行は基準金利を据え置いたが、日本の国債利回りの変動幅を 10 年に広げた。 超拡張的な金融政策を覆そうとする慎重な試みのように聞こえるステップですが、タブーを破ることになります。 そのため、東京証券取引所の非常に強い反応が 2.5% 値下がりし、アジアをはじめとする他のすべての金融市場に影響を与え、円高が進みました。

詳細には、日銀の政策委員会は、金融機関が中央銀行に保有する当座預金のマイナス金利を-0.1% に維持することを全会一致で決定しました。 また、10年物利回りが0%前後にとどまるよう、上限を設定せずに必要な量の国債を買い続ける方針だ。 しかし、中央銀行は、10年国債利回りの変動幅を、現在のマイナス0.25%から0.25%の範囲から、マイナス0.5%から0.5%の間で拡大することを決定しました。 同行は、必要に応じてさらなる緩和策を講じる用意があると述べた。 銀行はまた、短期および長期の政策金利が現在の水準またはそれ以下に留まると予想しています。

黒田東彦新知事の動きに市場は不意を突かれ、10 年間にわたる劇的な景気刺激策に別れを告げるのではないかとの懸念が高まった。 日本銀行は、金融緩和政策を維持する必要性から曲線の調整を正当化し、これに伴って毎月の国債購入額が 73 億円から 90 億円に増加しました。

円高により、輸出にさらされている東京のハイテク株と自動車株は急落したが、金利の上昇による収益の増加の見通しで、金融株を押し上げた. ローンの金利, 三菱Ufjは6%跳ね上がった. 債券の下落: 日本の 10 年物利回りは最大 20 ベーシス ポイントに上昇し、2015 年以来の最高値となり、オーストラリアは 19 ポイント、韓国は 12 ポイント上昇しました。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です