ダカール2023 生産部門優勝

TOYO TIRE は、オープン カントリー M/TR タイヤを装着したトヨタ ランドクルーザーを駆り、ダカール 2023 のプロダクション カテゴリーで優勝しました。ランド クルーザーは、日本のトヨタ車体チームによって管理されていました。

TOYO TIREは2021年からダカールラリーでこのチームをサポートしています。 トヨタ車体との協業で培ったオフロードレースの技術と経験をもとに、2023年ダカールラリーに向けた特別仕様のオープンカントリーM/TRオフロードタイヤを開発し、特に悪路走破性向上に取り組んできました。岩や砂漠の地形として、さらに持続可能な素材を使用することで環境への影響を低減します。 オープンカントリーにはランドクルーザー300が2台供給された。

車両とタイヤに負担がかかる長い砂丘ステージも含め、スペシャルステージとセクションを合わせた総走行距離は約8,900km。 それにもかかわらず、両方の車両がレースを終えました。

市販車部門では、ロナルド・バッソ/ジャン・ミシェル・ポラート組が1位、三浦明/ローラン・リヒトロイクター組が2位となった。 チームのダブルであり、このカテゴリで10連勝。

トヨタ車体チーム代表 角谷雄二コメントした: 「今回は、ランドクルーザー300の性能を最大限に引き出すスペックアップを施したトーヨーオープンカントリーM/TRで参戦し、ラリーの市販車クラス10連覇に大きく貢献しました。 ダカール2023」今年のレースは砂丘ステージが多く、軽量化したランドクルーザー300とオープンカントリーM/TRの組み合わせでしか乗り越えられない難点が多かったのですが、共同開発の成果が発揮できてよかったです。 」

Open Country M/TR Toyo Dakar 2023 トヨタ ランドクルーザー ボディワーク

三浦明チームドライバーの さんは、「予想以上にタフなコースで、本当にタフなラリーでした。 しかし、オープンカントリー M/TR とランドクルーザー 300 の相乗効果により、これまでで最も困難な砂丘ステージでも限界を超えることができました。 ますます難しくなるダカールラリーに、無事に参戦できる自信がつきました。 すべてのサポートに感謝します。

2023年ダカールラリーに向けたトーヨーオープンカントリーM/TR特別仕様

Open Country M/TR Toyo Dakar 2023 トヨタ ランドクルーザー ボディワーク

2021年にダカールラリー用に開発されたオープンカントリーM/TRをLT285/70R17 116/113Pサイズにバージョンアップし、2023年ダカールラリーに向けたトヨオープンカントリーM/TR特別仕様を開発。

ランドクルーザー 300 に完璧にマッチするように、ゴムのデザインとタイヤの構造を調整して耐久性を高めています。

岩場や砂漠などの荒れた路面での性能を追求しながらも、高剛性設計やコンパウンド、ビード構造を採用し、高速衝撃によるタイヤのダメージを最小限に抑えています。

持続可能なモビリティ社会の実現を目指す同社の方針に沿って、持続可能な素材を使用しています。 タイヤの構成部品のうち、タイヤのトレッド、カーカスプライ、サイドウォールは主にバイオマス由来のブタジエンゴムとスチレンブタジエンゴムを使用し、ビーズは再生利用率を高めるためにリサイクル素材を使用しています。

©複製予約

Kitamura Yori

「コミュニケーター志望。認定トラブルメーカー。食中毒。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です