ツバナケンシロウとスクアルタデモニソード:ニッポンショックがコミックショップに到着を発表

出版社が受け取ったプレスリリースを再現します ジャパニーズショック:

栗一平と酒井昭義の名作漫画がついにコミックショップに登場
「ツバナリケンシロウとスクワルデモニソード」

タツノコプロの共同創設者である伝説の先生、栗一平先生のマンガ作品が、ロマン出版社の「浪人ブランド」として、コミックストアで配布されたばかりです。
流通はマニコミックスとスターショップの両社が担当。

シンプルなイタリア語のカバー.jpg

CHAMBARA の歴史的なスタイルのストーリーは、古典的な日本のホラーと超人的な力によって補完されます。 そのクラシックなタツノコ スタイルのストロークは、典型的な 70 年代の「クラシック アニメ」の雰囲気にあなたを駆り立てます。

イラスト1.png

A4サイズ(21×29.7、アートブック形式)、334ページの「単巻」で、栗先生描き下ろしのキャラクターの下描きもすべて収録。

ニッポン ショック エディツィオーニは、コミック ショップで販売されている通常版に加えて、次の 2 つの「バリエーション」も作成しました。

1 – ORO バリアント、66 部、金のセリグラフィー付き。 栗一平先生直筆サイン・押印あり。

03 ゴールド.jpg

2 – Varian SILVER、50 部、メタル カバー付き。 サインはありませんが、限定の豪華版です。
どちらのコピーもコミック ブック ストアでは販売されていませんが、出版社のチャネルを通じて販売されました。

02 シルバー.jpg

2020年に日本ショック・エディツィオーニがSPN WORKSより版権を取得し、2019年に日本で単行本を刊行。イタリア語版の翻訳はエドアルド・セリーノが編集。

イラスト2.png

あらすじ
元禄時代の京都で、異世界の血を引く恐ろしい浪人・津幡成ケンシロウと鬼との死闘が勃発する。 日本のマンガとアニメーションの世界の偉大な巨匠が語る、アクション、ヒロイズム、ミステリーに満ちた魅力的なチャンバーラ スタイルのホラー ストーリー。

伝記

栗一平は、日本のアニメーションの生ける伝説であり、「タツノコプロ」の故吉田竜夫兄弟と共に創設者であり、日本のアニメの歴史を作った数十のキャラクターのクリエーターです(テッカマン、キャシャン、ポリマー、ガッチャマン、エイプマガ、ジュドーボーイなど)。 九里先生によると、TSUBANARI KENSHIRO は絶対的な意味での彼の最後の作品であり、彼の由緒ある年齢を考えると、将来のためにこれ以上のマンガ作品にコミットするつもりはなく、それがコレクターとコレクターの両方からこの投稿をさらに重要なものにしています。文化的な観点。
完成まで8年かかった漫画。

マスター・クリのサインと切手 ニッポン・ショック・エディションのイタリアン・デラックス・バージョン..png

絵がクリ先生によるものである場合、彼は別の神聖な怪物とシナリオに参加しています: AKIYOSHI SAKAI は、70 年代から 80 年代にかけて非常に活躍し、数え切れないほどの一連の伝説的なアニメ シナリオ (タツノコからバルディオス、ゴリオン、大剣豪まで) の著者です。多くの – https://it.wikipedia.org/wiki/Akiyoshi_Sakai)。

A4サイズ(21×29.7cm)
白黒334ページ
フラップカバー
シングルエレガントボリューム
費用: €29.00

日本ショック版
www.nipponshock.it
フェイスブック:@nipponshock
電子メール: info@xpublishing.it
電話 0774.403346

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。