ティム・クック氏の日本への政治訪問

の中に 彼の日本への最後の旅行アップルCEO ティム・クック ソニーを訪問だけでなく、 アルパイン ルック ストラップのメーカー そして首相に会った 岸田文夫. クックは首相と、ライジングサンへの投資 (過去 5 年間で、Apple は日本の産業に 1,000 億ドル以上を投資しており、この地域への投資を続けることを保証している) だけでなく、プライバシー、アプリストア、iPhone の機能についても話しました。日本でも今後発売される可能性があります。

新聞が報じている 日経新聞 経済ニュースを専門とする、 説明する 岸田がCookにiOSウォレットでアクティベートするように依頼した 私の番号は、日本に住むすべての人に割り当てられ、さまざまな個人情報(納税、社会保障など)を管理するために割り当てられる税番号の一種です。 iOS との統合により、特定の公共サービスへのアクセスが高速化されます。米国と同様に、ID カードまたは運転免許証をウォレットに追加して、簡単かつ安全に提示できます。

マイナンバーをウォレットに統合する機能は、システムの採用を促進するのに役立ちます。 日本は 2016 年以来、住民に 12 桁の数字コードを提供してきましたが、これまでのところ、一部のプライバシーへの懸念から、人口の 49% しか参加していません。 マイナンバーを利用して、利用者の健康情報、銀行口座情報、住所などの細心の注意を払って管理しなければならない要素を取得することができます。 ここで iPhone が登場する可能性があります。これは、ユーザーのデバイスのハードウェアとソフトウェアに組み込まれているセキュリティ機能を活用して身元を保護し、個人情報を保護するウォレットの本質的なセキュリティと完全に一致する可能性があります。

クック氏は岸田氏に、Apple はマイナンバーの iPhone への統合を進んで提供すると述べ、また Apple は特定の機能について懸念していると述べ、アプリの配布規制がユーザーのプライバシーとセキュリティに影響を及ぼさないよう求めた。

ティム・クック

ヨーロッパや日本で見られたのと同様に、旭日政府は、Apple と Google のアプリケーションの制御と配布システムを制限したいと考えており、Apple にサードパーティのアプリ ストアを提供することを強制する規制が提案されています。 Appleは、クック氏の来日時に、政府との「建設的な対話」に積極的に取り組んでいたことを説明する声明を発表しました。 クックは岸田に、Apple が iPhone のセキュリティに影響を与えると言う規制を提出するよう求めた可能性が高い。 ヨーロッパでは、Apple はサードパーティのストアへのアクセスを提供するしかありません。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です