テンペスト、日本が英国とイタリアとの契約へ

日経によると、日本は英国とイタリアとの間で、次世代の航空戦闘システムを共同で開発・構築するための交渉の最終段階に入った。

日本は、次世代戦闘機の共同開発・建造に向けた英国やイタリアとの交渉が最終段階に入った。

各国は、ロールス、ロイス、MBDA UK、レオナルド UK のチームリーダーとして BAE Systems と共に英国とイタリアによって開発されているプロジェクト テンペストに日本の FX 戦闘機プログラムを統合するかどうかを議論します。 待っている、

新聞が報じている 日経 また、東京は、新しい航空機の開発コストを削減し、国防産業を後押しすることを期待して、海外での防衛装備品の販売を許可するように輸出規則を改正することも検討すると付け加えた.

日本の航空自衛隊は、2035年から戦闘機を配備する予定です.日本の三菱重工業、英国の大手BAE Systems、イタリアの防衛グループLeonardoが開発を監督します.

正式な合意は今年後半に予定されている、と彼は指摘する。 日経. 日本が欧州と共同で戦闘機を開発するのは初めて。

一方、11 月 18 日にパリ、ベルリン、マドリッド 彼らは次の段階の開始について合意に達した ヨーロッパの第6世代戦闘機の並行プロジェクトであるSCAFの開発。

すべての詳細。

ストームとは

2018 年のファーンバラ国際航空ショーで発表されたテンペストは、現在建設中のデモンストレーターで大幅な進歩を遂げてきました。

イタリアは、第 6 世代の空中戦システムの開発のためのテンペスト プログラムで英国と提携しています。 2020 年、英国、イタリア、スウェーデンは、プロジェクトで協力するための覚書に署名しました。 国内の 3 つの産業には、英国の主要な防衛請負業者 (Bae Systems、Leonardo UK、Rolls Royce、MBDA UK) が含まれます。 イタリア (Leonardo Italy、Electronics、Avio Aero、Mbda Italy) およびスウェーデン(Saab and Gkn Aerospace Sweden)。 しかし、プロジェクトはその後、他のパートナーに拡大される可能性があります。 昨年 7 月のファーンバラ ショーで、イギリス 発表 将来の戦闘機プラットフォームに統合される技術について、イタリアおよび日本と「共同概念分析」活動を実施する。

東京への入り口

日本の新型戦闘機は、ロッキード・マーチンと共同開発した三菱F-2の後継機となるはずだ。 日本の防衛省は当初、米国の会社と再び協力する予定でした。 しかし、機密技術情報の共有をロッキードが拒否したことで、配備後の航空機のメンテナンスに関する全国的な懸念が生じたと彼は報告しています。 日経.

これにより、日本はヨーロッパとの最初の防衛パートナーシップを開始するようになりました。 日本政府は、NATO との協力を強化するための措置を講じています。 彼は、共同軍事演習の開催を促進するために英国政府との円滑化協定に署名し、両国間の関係を準同盟に引き上げる予定です。

空戦システム連携(FXテンペスト統合)

計画されたコラボレーションは、各社の技術力に基づいて構築されます。 Bae は、イタリア、ドイツ、スペインのユーロファイター タイフーン (サウジアラビアにも輸出) などの戦闘機に強いバックグラウンドを持っています。 新聞によると、センサー技術の専門家であるイタリアのレオナルドからのインプットは、東京が探している優位性を飛行機に与えるはずです。

さらに、エンジンは日本のIHIと英国のロールス・ロイスが生産し、レーダー技術は三菱とレオナルドの英国子会社が共同開発する。

日本は戦闘機の開発に伴い、防衛装備品の輸出規制緩和を検討する。

ニュースレターを購読する

ニュースレターを受け取るには、メーリング リストに登録してください

登録が完了すると、登録を確認する必要がある電子メールが送信されます。 EnergiaOltreからありがとう!

エラー

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です