トヨタが日本でホームレースを称える

トヨタ TGR チームは史上初めてホーム イベントを開催し、ドライバー (ロバンペラ)、コ ドライバー (ハルトゥネン)、そしてコンストラクターの世界選手権で優勝した後、最高の栄誉と共に開催します。スペインでのレース。 .

カッレ・ロバンペラエルフィン・エヴァンス 日本で初めて対戦しますが、 セバスチャン・オジエ、2010年にラリージャパンの最後のエディションで優勝し、今シーズンフルタイムのレースから引退する前に、トヨタで8つの世界タイトルのうち最後の2つを獲得しました. ベンジャミン・ヴェイヤスと共にスペインで優勝した後、オジエは若くて生まれたばかりのコ・ドライバーと一緒に日本に来ます。 ヴィンセント・ランダイス.

TGR WRCチャレンジプログラムのドライバーも登場 勝田隆元 TGR WRT ネクスト ジェネレーションのカラーでシーズン全体を終えた後、初めて WRC のホーム ラウンドに出場するチャンスを得たのです。

かつてラリー・ジャパンは北海道の北の島でダートで開催されたが、そのリターンは最大の島である本州の舗装された道路で行われる. ステージは、主に愛知県と岐阜県の山岳地帯で、非常に過酷でテクニカルで狭い道路で行われます。 刻々と変化するローグリップコンディションの森の中を走るスペシャルステージが多数。

サービスパークは名古屋市に近い愛知県の豊田スタジアムに設置される。 木曜日の夜のオープニング シェイクダウンとリハーサルは、近くの鞍ケ池公園で行われます。 金曜日は、豊田市の北東にある 3 つのステージの 2 周で 130.22 km の競技距離を走るこのラリーの最長の日となります。 土曜日には、南東で 3 つのリピート ステージが行われ、さらに岡崎市で 2 つのスーパー ステージが行われ、1 日が締めくくられます。 日曜日の最終日は、ラリー終盤にパワーステージを開催する旭高原を皮切りに、合計5回のテストが行​​われます。

ホームラリーでは、TOYOTA GAZOO Racingからも2台のコンセプトカーが登場。 両方の車は、土曜日の SS 13 の前に岡崎でレースを行い、2 人の伝説的なラリー ドライバーがハンドルを握ります。 GR YARIS Rally2 Conceptをラリージャパンで初披露。 多くのチームが参戦する人気の高い競技カテゴリーであるRally2レギュレーションのもと、ラリーやレースでお客様のモータースポーツを存分に体感することを目的に開発されたコンセプトカーです。 8月にベルギーで開催されたイープルラリーで、水素を動力源とする実験コンセプトのGR YARIS H2もその性能を発揮する。 ユハ・カンクネンがGR YARIS Rally2 Conceptをドライブし、同じく4度の世界チャンピオンであるTommi MäkinenがGR YARIS H2をドライブします。

カーボン ニュートラルを達成し、持続可能なモータースポーツ産業を発展させるための新しいオプションを模索するトヨタの取り組みの一環として、水素燃料電池から得られるクリーン エネルギーは、豊田スタジアム サービス パークと岡崎のテストで使用されます。日本のスーパー耐久レースシリーズとベルギーのイープルラリー。

引用:
ヤリ・マティ・ラトバラ (チーム監督)
「ラリージャパンがWRCに復帰することは、私たちが長い間待ち望んでいたことであり、TOYOTA GAZOO Racingのホームラリーに参加することは非常にエキサイティングなことです。 私たちのチームにとって素晴らしいシーズンを過ごした後、プレッシャーを少し減らして本当に楽しみ、GR YARIS Rally1 HYBRIDでファンのためにショーを行い、可能な限り最高の結果を得ることができれば素晴らしいと思います. 曲がりくねった山道、場所によっては非常に狭い場所、道路上の秋の状況や葉があり、多くの接着の変化でドライバーにとって困難になる、非常に厳しいラリーのように見えるものに備える必要があります。」

セバスチャン・オジエ (#1)
「ラリージャパンにとても興奮しています。 TOYOTA GAZOO Racingのドライバーにとって、このラリーは間違いなくハイライトだと考えているため、このラリーがキャンセルされたことは、過去2年間で大きな失望でした。 私はこの国自体が大好きで、良い思い出があります。私は一度だけそこでレースをしたことがありましたが、勝利があったので、100 x 100 の記録を維持しようとするプレッシャーもあります! しかし、今回のラリーはこれまでとはまったく違うものになるだろうし、これまで見てきたものよりもかなり難しいだろう。 しかし、誰もがゼロからスタートし、できるだけ早く適応しなければならない、まったく新しいラリーへの挑戦は今でも好きです。 この経験は特別なものになると確信しており、レースが待ちきれません。」

エルフィン・エヴァンス (#33)
「いよいよラリージャパンに参戦できることを、チーム一丸となって楽しみにしていると思います。 TOYOTA GAZOO Racingにとってホームで良い結果を残すことが目的であることは明らかだ。 個人的には最終戦のスペインはベストではありませんでしたが、日本でのラリーをきっかけに改善点を見つけ、来年に向けて前向きに準備したいと思います。 私は2019年にラリーエリア周辺のいくつかのステージをレビューするためにそこにいました.覚えていることから、道路は非常に曲がりくねった狭いセクションと、より高速でスムーズなセクションがあり、非常に困難でした.対処する変更。 ラリー中。 “。

カッレ・ロバンペラ (#69)
「最終的にラリージャパンに行くことができてとてもうれしいです。特に、今年チームと一緒にこのような良い結果を出し、すでにチャンピオンシップを獲得したようなシーズンの後です。 チームはよりリラックスして日本に行き、ホームでこのラリーを楽しむことができるということです。ハードにプッシュして、最後に素晴らしい結果を残したいと思います。 3年前にステージを見たので、本当に複雑なイベントになると思います。 広くて滑らかな道だけでなく、かなり汚れている可能性のある非常に狭い森林セクションもあります。 そのため、慣れない道路や多くの新しいメモを書く必要があるため、ラリー前の偵察は困難になるでしょう。」

著作権© Rallye.it: この記事の内容は、元のメッセージへのリンクを挿入することによって部分的にのみ再公開できます。

Kawasaki Michinori

「ベーコンマニア志望。受賞歴のある学生。インターネット開業医。アルコール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です