トヨタのカーシェアリングがKinto Shareで30,000台のレンタルを達成

4年間の運用を経て、 カーシェアリング トヨタ 総括する 共有する – Kinto は、モビリティに特化した日本グループの 3 番目のグローバル ブランドであり、3 つの主要な軸に沿ってサービスを再開しています。

第一に、公共交通の経験を持つ都市 ヴェネツィア. 2 つ目は、トヨタとレクサスの販売店のネットワークによる地域です。 3 つ目は、Kinto Share を通じて従業員間のシェアード モビリティを導入する企業です。

Kinto Share により、トヨタのカーシェアリングは成長を続けており、フリートの 3 台のトヨタ ミライからイノベーションを導入する準備をしています。 それは 水素セダンこれは、ベニスの公共カーシェアリング サービスのユーザーが利用できるようになります。

イタリアでの 4 年間の会社概要: 6,200 人以上のユーザーが 30,000レンタル. これらは 100 万 450,000 キロメートル以上をカバーし、時間の約 50% をゼロ エミッション モードで運転し、約 42 トンの CO2 を節約しました。 これは、同等の「クラシック」エンジンと比較されます。

2018年6月、キントシェア、その後 優子、ベニスでデビューし、イタリアで初めて電動化されたハイブリッド車両を備えた公共のカーシェアリング サービスになりました。 100% デジタル レンタルだけでなく、テクノロジーでも知られるようになりました。 フルハイブリッド電気 トヨタ車とレクサス車。

3つの異なるモデルを持つトヨタのカーシェアリング、ヴェネツィア

ヴェネツィアでは、トヨタのカーシェアリングが 3つの異なるカーシェアリングモデル. 誰?

クラシック 駅までの往復オプション 一方通行 そして代替 フリーフローティング.

つまり、集荷と配達が同じ場所にあるものです。 ある地点で集荷し、別の地点で配達するもの。 そして、車両を受け取り、市内の特定の地域の任意の場所に返却する可能性を提供するもの.

車が並んでいる? トヨタ ヤリスから、トヨタ カローラ、レクサス UXを経て、トヨタ ヤリス クロスへ。 トヨタとレクサスのディーラーのコミットメントのおかげで、イタリアのKinto Shareはフォーミュラベースのステーションと連携しています 7地域: ロンバルディア州、ピエモンテ州、ベネト州、エミリア ロマーニャ州、フリウリ ベネチア ジュリア州、アブルッツォ州、サルデーニャ州。

それはまた利用できます 19部門、 ミラノ、ベニス、ヴェローナ、ボローニャ、ヴァレーゼ、ヴィチェンツァ、コモ、カリアリの都市を含みます。 そして最後に 3空港、 合計で 41の配送ポイント.

[Approfondisci su Kinto]

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。