トヨタ:値上げを視野に?

日本家屋からの朗報はない トヨタ これにより、将来の販売見通しがさらに引き下げられました。 なんで? 原因は、多かれ少なかれ、現在の状況を考えると、私たちがよく知っているものと同じです。 地政学的状況だけでなく、健康:半導体の不足、エネルギー危機、新型コロナウイルスのパンデミックによる生産の遅れ。 結果として生じる結果は、収益の減少につながる可能性があります。

数字に戻ると、トヨタは世界販売予測を 825万台 日本企業は、2023年1月から3月までの期間に推定480,000台の車両を生産できないと述べている.

「この需要と供給の不均衡が、 マイクロチップ 近いうちに改善します(ここ これらは、トヨタの「上層部」からの声明です。「この不確実な状況は、おそらく次の会計年度中も続くでしょう」.

トヨタが見つけた解決策は必然的に 車の値上がり ヨーロッパとアメリカの最終顧客(トヨタは最近、北米での大幅な損失を報告したことを明らかにした)のためにも、原材料コストと進行中のエネルギー危機を補うために。

トヨタは「高品質で手頃なメーカー」としての評判を失うのでしょうか? もちろん違います。 少なくとも、トヨタの広報担当ディレクターである永田純氏は、彼と彼の協力者が、 正しい価格水準新車市場の状況に基づいて、トヨタが依然として利益を上げているが、それでも安価な現実を実現するために、自社の車のために。

Shimabukuro Kasumi

「悪のクリエーター。学生。情熱的なゲーマー。筋金入りのソーシャル メディア オタク。音楽ジャンキー。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です