ハッカーに襲われたソニーのストリーミングサービス、ワカニム:数百万のデータが盗まれた

さぁ、またもや海賊が日本のアニメ界を襲った。 今回は ワカニムアニメシリーズのサイマル放送に特化したオンデマンド ストリーミング サービスである が攻撃されました。 システムに侵入した後、ハッカーはユーザー データを盗み、現在は Web の闇の部分で売りに出されています。

数ヶ月前、次の ソニーによる買収、 Funimation 、および Wakanim が Crunchyroll と合併し、日本のアニメーション専用の最大のストリーミング プラットフォームが誕生しました。 残念ながら、@oecuf0 Twitter が報告しているように、フランスのプラットフォームのユーザーに悪いニュースがもたらされています。

明らかになった内容によると、 Wakanim データベースは残忍なハッキングの犠牲者だったと言われています これは、ユーザーに恐ろしい結果をもたらしました。700 万人の機密データが盗まれました。 これは、日本のアニメ業界を襲った一連のハッキングの最新のものです。 数週間前、ハッカーが東映アニメーションのシステムに侵入し、ドラゴンボール スーパー: スーパー ヒーローの延期と、ワンピースを含む多くのアニメ シリーズの閉鎖を引き起こしました。

繰り返しになりますが、ユーザーは敗者です。 見積もりによると、彼らは私です 670万人のデータが盗まれた. ユーザー名、IPアドレス、メールアドレス、住居、電話番号、姓名、アカウントなどの貴重な情報が販売されています。 現時点では、ワカニムはこの点に関する公式声明をまだ発表していません。

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。