ハンブルグで開催されたナショナル・メンズ・スーパーカップA。 明日のイタリア対セルビア (午後 6 時、Sky Sport Action)。

Facebook でフォローしてください: EMILIAROMAGNA BASKETBALL

ハンブルグで開催されたナショナル・メンズ・スーパーカップA。 明日のイタリア対セルビア (午後 6 時、Sky Sport Action)。 Gallinari 安静時 (外傷性右足首捻挫)。 ポゼッコ「怪物チーム、強い精神力が必要」

グランド ツアー アズーロは、2023 ワールド カップとユーロバスケット 2022 の予選試合の準備を続けています。ボローニャとモンペリエでのフランスとの 2 つの親善試合の後、アズーリは昨日ドイツに移動し、金曜日と土曜日にスーパーカップの試合に直面します。ハンブルグのバークレイズ・アリーナ。

8 月 19 日金曜日のセルビア戦 (午後 6 時、Sky Sport Action で生放送) から始まります。 翌日、イタリアはドイツとチェコ共和国の試合 (午後 4 時または午後 6 時 30 分、スカイ スポーツ ライブ) と対戦し、明日午後 8 時 30 分に第 2 準決勝が行われます。

モンペリエでのフランス戦で右足首を捻挫したセルビア人のダニーロ・ガリナリと対戦。 キャプテン・ジジ・ダトメが帰ってきた。

ジャンマルコ ポッツェッコ監督は次のように述べています。 ゴラン・ドラギッチが数日前に言ったことを確認します.次は最高レベルの選手がたくさんいる恒星のヨーロッパ人になるでしょう. NBA MVP とユーロリーグ MVP をロスターに持つガリナリがいなくても、明日はセルビアと対戦します。 これらのリズムに抵抗し、長く競争力のある名簿を持つチームに対抗するには、優れた精神力が必要です。」

7月4日にベオグラードで開催されたプレオリンピックトーナメントの決勝での壮観な夜の後、セルビアにとって新たな挑戦。 その後、アズーリは 95-102 で勝利し、東京オリンピックへのパスを撤回し、2014 年以来続いていたマイナスの連勝を中断しました。それ以来、コーチをはじめ、多くのことが変わりました。ポッツェッコにとって、彼は全国大会の 5 番目のベンチになります。セルビアのトップにいる間、私たちのバスケットボールの古い知人であり、一般的に最も肩書きのあるバスケットボールのコーチの1人であるスベティスラフ・ペシッチがイゴール・ココスコフに取って代わった. 2 度の欧州チャンピオン (1993 年ドイツ代表、2001 年ユーゴスラビア代表) と 1 度の世界​​チャンピオン (2002 年ユーゴスラビア代表) であるペシッチは、2005/2006 年にボローニャの首都でフォルティチュードと対戦したスクデット準決勝でヴィルトゥス ローマを指導しました。 モンテネグロとの無観客スクラムの後、昨夜、セルビア人はリュブリャナでルカ ドンチッチのスロベニアと対戦し、敗れました。 NBA のスーパースター、ニコラ ヨキッチは、26 得点、12 リバウンド、6 アシストというパフォーマンスの作者であり、絶好調です。 バシリエ ミチッチ、エフェスでの 2 連覇、アキレ ポロナーラの将来のチームメイトとの優れた理解。 全体として、このセルビア人選手は、9 月に開催される欧州タイトルの確実な候補の 1 つである、サイズ、才能、経験の長いリストです。

2 回目の準決勝の終わりに、アズーリは 8 月 20 日土曜日 (午後 4 時または午後 6 時 30 分) に対戦相手と対戦します。 自分自身に挑戦するために、デニス・シュローダーのドイツ、ドイツ人の新しいキャプテン、そしてヴェセリー・サトランスキーのデュオのチェコ共和国。 異なる特性を持つ 2 つのタフな対戦相手。

ドイツは、イタリアと同様、EuroBasket 2022 グループの 1 つを開催し、ベルリンで決勝戦も開催します。 東京大会への出場権を獲得した後、ドイツ人は新しいステージを目指しており、このために、米国のカンザス州で生まれ、2019 年からルートヴィヒスブルクとバイエルン ミュンヘンの間でドイツに生まれたウィングバックのニック ワイラー バブを帰化させました。 . 彼と一緒に、NBAのフランツ・ワグナー(オーランド)、ダニエル・タイス(ヒューストン)、カリム・ジャロー(フェニックス)、有名な顔のヨハネス・フォークトマンとマオド・ローもいます。 今年以来、コーチはカナダのゴードン・ハーバートであり、多くのチームがさまざまなヨーロッパ諸国で結成され、ジョージアとカナダの代表チームのベンチで積極的な経験を積んできました。

チェコ共和国は緊密で確立されたチームであり、2015 年以来、チェコ国籍のイスラエル人コーチであるローネン ギンズブルグが率いており、ギリシャと開催国のカナダを破ってオリンピック前のビクトリアを獲得し、昨夏の東京でのオリンピック出場資格を確保することができました。 . 前述のように、スターはトーマス・サトランスキーとヤン・ベセリーであり、どちらもバルセロナで活躍し、最近は NBA で活躍しています。 ヴェセリーにとっては、フェネルバフチェでのユーロリーグ 2016/2017 とジジ ダトメ. チェコは、プラハで開催される EuroBasket 2022 のラウンドの 1 つもホストしています。

すべての大会は、2002 年に開設された 13,000 席のバークレイズ アリーナ ハンブルグで行われます。

アズーリ

#00 アメデオ・デッラ・ヴァッレ(1993、194、G、ゲルマーニ・ブレシア)

#0 マルコ・スピッス (1995, 184, P, Umana Reyer Venice)

#1 ニッコロ・マニオン (2001, 190, P, セガフレード・ヴィルトゥス・ボローニャ)

#6 ポール・ビリーガ (1990、200、C、A | X アルマーニ エクスチェンジ ミラノ)

#7 ステファノ・トーヌット (1993、194、G、A | X アルマーニ エクスチェンジ ミラノ)

8位 ダニーロ・ガリナリ(1988、208、A、ボストン・セルティックス – NBA)

#9 ニコロ・メッリ (1991、206、A、A | X アルマーニ エクスチェンジ ミラノ)

#13 シモーネ・フォンテッキオ (1995、203、A、ユタ・ジャズ-NBA)

#16 アメデオ・テシトリ (1994, 208, C, Umana Reyer Venice)

#17 ジャンパオロ リッチ (1991、202、A、A | X アルマーニ エクスチェンジ ミラノ)

#25 トマソ・バルダッソ (1998、192、P、A | X アルマーニ エクスチェンジ ミラノ)

#33 アキレ・ポロナーラ (1991, 205, A, アナドル・エフェス・イスタンブール – トルコ)

#54 アレッサンドロ・パジョラ (1999、194、P、セガフレード・ヴィルトゥス・ボローニャ)

#70 ルイジ・ダトメ (1987、203、A、A | X アルマーニ エクスチェンジ ミラノ)

テクニカル コミッショナー: ジャンマルコ ポッツェッコ

アシスタント: カルロ・レカルカーティ、エドアルド・カサローネ、リカルド・フォイス、フェデリコ・フカ

セルビア

#3 フィリップ・ペトルセフ (2000、211、C、レッドスター)

#7 Dejan Davidovac (1995、202、A、CSKA モスクワ – ロシア)

#9 Vanja Marinkovic (1997、198、G、バスコニア – スペイン)

#10 ニコラ・カリニッチ (1991、203、A、バルセロナ – スペイン)

#11 ウラジミール・ルチッチ (1989, 204, A, バイエルン・ミュンヘン – ドイツ)

#13 オグニェン・ドブリッチ (1994、200、G、レッドスター)

#14 Dusan Ristic (1995, 213, C, フエンラブラダ – スペイン)

#15 ニコラ・ヨキッチ (1995、213、C、デンバー・ナゲッツ-NBA)

#16 ネマニャ・ネドビッチ (1991, 192, G, レッドスター)

#21 マルコ・ヤゴディッチ=クリザ (1987, 205, A, Buducnost – Montenegro)

#22 Vasilije Micic (1994, 196, P, アナドル・エフェス – トルコ)

#23 マルコ グドゥリッチ (1995、196、A、フェネルバフチェ – トルコ)

#25 Ognjen Jaramaz (1995, 193, G, バイエルン・ミュンヘン – ドイツ)

#28 ボリス・シマニッチ (1998、210、A、サラゴサ – スペイン)

#33 ニコラ・ミルティノフ (1994、213、C、CSKA モスクワ – ロシア)

コーチ: スベティスラフ・ペシッチ

アシスタント:オリバー・コスティック、マルコ・マリノビッチ

ドイツ

#4 ロー マオド (1992, 191, P, Alba Berlin)

#6 ニック・ワイラー・バブ (1995、196、G、バイエルン・ミュンヘン)

#7 Johannes Voigtmann (1992、211、A/C、CSKA モスクワ – ロシア)

#9 フランツ・ワグナー (2001、206、A、オーランド・マジック – NBA)

#17 デニス・シュローダー (1993、181、P、ヒューストン・ロケッツ-NBA)

#18 ヨナス・ウォルファース・ボッターマン(1990、208、C、ハンブルグ)

#21 Justus Hollat​​z (2001、191、P、ブレオガン – スペイン)

#32 ヨハネス・ティーマン(1994、206、C、アルバ・ベルリン)

#33 ギャビン シリング (1995、206、C、リモージュ – フランス)

#34 レオン・クラッツァー (1997、211、C、ボン)

#35 カリム・ジャロー (1997、198、G、フェニックス・サンズ – NBA)

#42 アンドレアス・オブスト (1996、191、P、バイエルン・ミュンヘン)

#43 クリスチャン・センフェルダー (1995、202、A/C、バンベルク)

#44 デビッド・クレイマー (1997, 196, A, ブランズウィック)

コーチ: ゴードン・ハーバート

アシスタント:アラン・イブラヒマジック、クラウス・ペルワス、ブレット・ブリエルマイヤー

チェコ共和国

1位 パトリック・オーダ(1989年、204、A、横浜BC-日本)

#4 トーマス・ビョラル (1992, 192, P, パルドゥビツェ)

#7 Vojtech Hruban (1989、202、A、ロンドン ライオンズ – イングランド)

#8 トーマス・サトランスキー (1991、201、P、バルセロナ – スペイン)

#9 ビクター・プルパン (1996、191、P、ブルノ)

#15 Martin Peterka (1995、205、A、ブランズウィック – ドイツ)

#17 ヤロミール・ボハチク (1992、197、A、バンベルク – ドイツ)

19位 オンドレイ・セーナル(1997、196、P、ブランズウィック – ドイツ)

#23 ルーカス・パリザ (1989、203、A、ニンブルク)

#24 Jan Vesely (1990, 213, C, バルセロナ – スペイン)

#25 David Jelinek (1990、194、A、ムルシア – スペイン)

#27 Vit Krejci (2000、203、A、オクラホマシティ サンダー – NBA)

#31 マーティン・クリス (1993, 200, A, ニンブルク)

#33 ジェームス・カーニク (1998、210、C、ジュネーブ – スイス)

#77 トーマス・キズリンク (1993、198、G、バンベルク – ドイツ)

コーチ: ローネン・ギンズバーグ

アシスタント: ルボス・バートン、ヤン・ポスピシル

プログラム

8月19日金曜日

18.00 イタリア-セルビア

午後 8 時 30 分 ドイツ – 代表チェコ語

8月20日土曜日

16:00 決勝 3位・4位

18:30 決勝1位・2位

イタリア対セルビアの主審

Zulfikar Oruzgani (ドイツ)、Anastasios Kardaris (ギリシャ)、Armin Mutapcic (ドイツ)

セルビアに対する先例

13試合出場(3勝10敗)

ヨーロッパ選手権の最終段階で行われた 4 試合 (0/4)

世界選手権の最終段階で行われた試合 (0/1)

1回目:ヨーロッパ予選、2008年8月20日(カリアリ)、イタリア対セルビア 64-78

最新: プレオリンピック、2021 年 7 月 4 日 (ベオグラード、セルビア)、セルビア対イタリア 95-102

最大の勝利: 地中海ゲーム、2009 年 7 月 1 日 (ロゼト)、イタリア対セルビア 75-64 (+11)

最大の敗北: 親善試合、2019 年 8 月 17 日 (アテネ、ギリシャ)、イタリア対セルビア 64-96 (-32)

ドイツに対する先例

68試合出場(55勝13敗)

1回目:オリンピック、1936年8月9日(ベルリン、ドイツ)、イタリア対ドイツ58-16

遅くとも: オリンピック、2021 年 7 月 25 日 (日本、埼玉)、イタリア対ドイツ 92-82

最大の勝利: オリンピック、1936 年 8 月 9 日 (ベルリン、ドイツ) イタリア対ドイツ 58-16 (+42)

最大の敗戦:オリンピック前、1992年6月19日(サラゴサ、スペイン)、イタリア対ドイツ 109-91 (-18)

対チェコ戦記録

25試合出場(21勝4敗)

1回目:ヨーロッパ予選、1995年11月15日(プラハ、チェコ共和国)、イタリア対チェコ共和国77-68

最新: 親善試合、2021 年 6 月 19 日 (ハンブルク)、イタリア代表チェコ 83-71

最大の勝利: 親善試合、2007 年 8 月 12 日 (カリアリ)、イタリア対チェコ共和国 88-57 (+31)

最大の敗戦: 2008 年 6 月 4 日の親善試合 (バッサーノ デル グラッパ)、イタリア対チェコ共和国 90-98 (-8)、2009 年 7 月 18 日の親善試合 (ボルミオ)、イタリア – チェコ共和国 89-97 (-8)

ハンブルグの背景

5試合(3勝2敗)

親善試合、2018 年 9 月 7 日、イタリア代表チェコ 80-87

親善試合、2018 年 9 月 8 日、ドイツ対イタリア 62-71

親善試合、2021 年 6 月 18 日、イタリア対チュニジア 82-56

親善試合、2021 年 6 月 19 日、イタリア代表チェコ 83-71

親善試合、2021 年 6 月 20 日、ドイツ対イタリア 91-79

2022年夏のアズーラの全レース

8月19日 イタリア対セルビア(ハンブルグ対ドイツ、午後6時親善試合)

8月20日 イタリア対ドイツ / Rep. チェコ語 (ハンブルク – ドイツ、午後 4 時または午後 6 時 30 分、フレンドリー)

8月24日、ウクライナ対イタリア(リガ – ラトビア、午後5時30分イタリア語、2023年ワールドカップ予選)

8月27日、イタリア対ジョージア(ブレシア、午後8時30分、2023年ワールドカップ予選)

このリンクのチケット: www.vivaticket.com/italia-vs-georgia

ユーロバスケット 2022

チケットは、このリンクの eurobasket.basketball で入手できます: ticketing-eurobasket2022

9 月 2 日、イタリア – エストニア (ミラノ、午後 9 時、EuroBasket 2022)

9 月 3 日、イタリア – ギリシャ (ミラノ、午後 9 時、EuroBasket 2022)

9 月 5 日、イタリア – ウクライナ (ミラノ、午後 9 時、EuroBasket 2022)

9 月 6 日、イタリア – クロアチア (ミラノ、午後 9 時、EuroBasket 2022)

9 月 8 日、イタリア – イギリス (ミラノ、午後 9 時、EuroBasket 2022)

9月10日~18日 決勝トーナメント(ベルリン – ドイツ、Eurobasket 2022)

Fipプレスオフィス

Nishimura Kenshin

「読者。学生。ポップ カルチャーの専門家。微妙に魅力的な内向型。Twitter オタク。ソーシャル メディアの第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です